« 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹(書評) | Main | 映画『モンスター』 »

Friday, April 26, 2013

アプリの千夜一夜物語

【4月26日特記】 気づかないうちに1001夜めを迎えていた。千一夜と言えばアラビアン・ナイトである。李白の「白髪三千丈」と同じく、長いということの比喩である。まずそのことを感慨深く思った。

このブログでも何度か取り上げて、実際のグラフも掲載してきた iPhone アプリの SleepCycle である。

出張や旅行先のホテルのベッドで、電源コードが届かないような場合には使っていないので、実際にはこのアプリを使い始めてから多分1030日くらいかなと思うのだが、使った日数として、今朝気がついたら1001回目になっていたということである。

いやぁ、長く使ったもんだ。いや、使ってるもんだ。

何度も書いたけれど、このアプリはベッドの振動で睡眠の深さを計る。

計るだけなら単に知的好奇心を刺激するのみであるが、眠りが浅くなったところで目覚ましがなるので、目覚めがとてもすっきりするという利点がある。

ただし、眠りが浅くなった瞬間を狙うために、何時何分きっちりにアラームを鳴らすことはできない。前に30分の余裕を見る。つまり、アラームを7:00にセットすると6:30から7:00のうちのどこかの、眠りが浅くなったところで起こしてくれるのである。

Sleepgraph2425apr13

明日は6時起きなのだが、こういう時はちと厳しい。ギリギリまで寝ていたくても5:30に起こされる可能性があるのである。

ただ、決して「叩き起こす」ことはしない。そう、目覚ましが鳴って叩き起こされたという感じにはならない。それが気に入って使っているのである。

で、右に掲げたのが1000夜めのグラフ。こういう統計的な楽しみもある。「快眠度」なるものも測ってくれる。睡眠時間と併せて時系列で追うことができる。推移をグラフ化することも可能だ。

そんなこんなでアラビアの王様に殺されることなく、僕はこのアプリを使い続けるのであった。

|

« 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹(書評) | Main | 映画『モンスター』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アプリの千夜一夜物語:

« 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹(書評) | Main | 映画『モンスター』 »