« 2/5サイト更新情報 | Main | 「キネマ旬報」2月下旬号(1) »

Wednesday, February 06, 2013

『人質の朗読会』小川洋子(書評)

【2月6日特記】 短編が9作収められている。が、単なる短編集ではない。その設定が大変面白い。

地球の裏側(と言うから多分南米なのだろう)に旅行中の日本人8人(うち1人は添乗員)の乗ったバスが反政府ゲリラに襲われ、全員が人質となって山小屋に拉致監禁されてしまう。

事件は長期化するが、彼らはやがてその小屋の中で、自らの人生における忘れられない経験を書き綴り、それを朗読する会を始める。そういう事情がまず、「第一夜」に入る前に簡単に説明される。

そして、それに続いて、彼らが朗読した話が順に掲載されている。日本人は8人のはずだが、何故だか「第九夜」まである。それが何故なのかは、ここには書かないでおく。

一人ひとりが語るストーリーは、超常的なもの(特に第一夜がそうだ)もあれば、話自体は日常的なものもある。ただ、いずれもミステリアスな味付けになっている。この辺りが如何にも小川洋子という感じである。

そして、読み始めてすぐに、僕はポール・オースターが編んだ『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』を思い出した。これはラジオ番組を通じて、一般人の体験談を募ったものだ。

もちろん本になったのは選ばれた作品ばかりではあるが、素人の書いた話であるのに、これがめちゃくちゃに面白い。ふーん、そんなことってあるんだ、と心底感心してしまう。

この『人質の朗読会』にも同じようなテーストがある。まさに「事実は小説よりも奇なり」だなあ、と感心しかけて、いや待て、こちらは小川洋子の創作であると気づく。誇張でも何でもない。それが小川洋子の手練なのである。

結局僕らは小川洋子の手練を見せつけられて終わる。いや、見えない手練に嵌まってしまうのである。

ストーリー・テラーとして、文章家として、小川洋子という人にはそれくらいの力量があるのである。

細かい説明はしない。まあ読んでほしい。不思議で、少し哀しくて、どこか暖まる9つの物語が、繋がっていないようで繋がっている。

そして、それは多分、これらの話を読んだ僕の心の中に繋がっているのだと思う。

|

« 2/5サイト更新情報 | Main | 「キネマ旬報」2月下旬号(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/56705836

Listed below are links to weblogs that reference 『人質の朗読会』小川洋子(書評):

» 語られる話 [笑う社会人の生活]
小説「人質の朗読会」を読みました。 著者は 小川 洋子 ゲリラの人質となり亡くなった日本人達 囚われの日々の中でそれぞれ印象に残った思い出を書き それを朗読しあっていた その9つの話 朗読話 ある意味 短編として読める感も なんといえばよいか・・・ どれも日常...... [Read More]

Tracked on Sunday, March 03, 2013 at 07:57

» 「人質の朗読会」小川洋子 [りゅうちゃん別館]
日本の裏側で起きた人質事件。 難航する交渉の間、人質たちは朗読会を開いた。    【送料無料】《本屋大賞2012 ノミネート作品》人質の朗読会 [ 小川洋子 ]価格:1,470円(税込、送料込) やを読んできた。 この作品を読んで思い出したのが在ペルー日本大使公邸占拠事…... [Read More]

Tracked on Tuesday, March 19, 2013 at 17:48

« 2/5サイト更新情報 | Main | 「キネマ旬報」2月下旬号(1) »