« 映画『つやのよる』 | Main | 2/5サイト更新情報 »

Monday, February 04, 2013

筒美京平 GOLDEN HISTORY

【2月4日特記】 知ってる人はもうとっくに知ってる話だと思うが、筒美京平のコンピレーションが各レコード会社から一斉に発売になった。僕の知る限り2枚組×6作品(6社)である。

7社目は Amazon では現在品切れになっているが、TSUTAYA では製造中止と伝えていた。定かなところは分からない。

筒美京平の偉大さを今ここで語るまでもないだろう。

近代~現代の日本の流行歌の歴史の中においては、僕は古賀政男より、服部良一より、阿久悠より重要な存在であると思っている。

さすがに筒美京平の楽曲については僕も既にたくさんの音源を保有しているので、これらを片っ端から買うのは無駄が大きい。そこで TSUTAYA DISCAS から取り寄せることにした。

今、第一弾としてビクターとキャニオンから発売された2セットが僕の手許に届いている。

お若い方で、あまり筒美京平を知らない、音源もほとんど持っていない、けど日本の歌謡曲の歴史には興味があるというような方がもしもおられたら、ここは清水の舞台から飛び降りて6作品全部を買い占めておくことをお勧めする。

筒美京平のベスト盤やコンピレーションは今までにもいろんな形で編まれて売られている。生きているうちにこれだけいろんなものが発売されるということが、彼の存在の大きさを語っている。

今回は作曲家活動45周年記念だそうである。ん? 50年じゃなくて45年という中途半端さにも拘わらず、この各社共同企画が成立した裏にはどんな経緯があったのだろう。それはそれで興味が湧く。

で、それぞれの曲目をつぶさに調べたわけではないのだが、時代を広く取っていろんな曲を拾ってきている気がする。決して大ヒットだけを集めた作品にはなっていない。だからこそ“買い”なのである。

ひょっとしたら次にこれだけのボリュームのものが出るのは、彼が亡くなったときではないだろうか? しかし、亡くなったとなると、その時には単なる大ヒット曲全集になってしまうのは必定である。だからこそ、今回のような企画が輝いているのである。

悪いことは言わない。このチャンスを逃すと日本の流行歌の歴史を正しく評価する機会を失ってしまうかもしれない。リンクを張ってはいるけど、僕は決して Amazon の回し者ではない(笑) もちろん TSUTAYA の回し者でもない。

セルでもレンタルでも、どちらでも良いから手に入れておくことをお勧めする。

|

« 映画『つやのよる』 | Main | 2/5サイト更新情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 筒美京平 GOLDEN HISTORY:

« 映画『つやのよる』 | Main | 2/5サイト更新情報 »