« 『[MAKERS]21世紀の産業革命が始まる』クリス・アンダーソン(書評) | Main | 12/20サイト更新情報 »

Wednesday, December 19, 2012

Kindle Fire HD が届いていた

Kindle

【12月19日特記】 今日、と言うか、日付が変わってもう昨日になってしまったが、帰宅したら Amazon から Kindle Fire HD が届いていた。

今日は設定関係を途中までやって、あとちょっと触ってみただけなので、この機器の使い勝手等についてはもう少しこなれてから記事にすることにする。

で、今日書こうと思うのは、この Kindle に限ったことではないのだが、予約しておいたらちゃんと発売の日に届くなんて凄いなあということである。

若い人はそんなことは当たり前だと思うかもしれないが、かつてはそんなことは考えられないことであったのだ。

僕が小学校低学年のころ、ウチの近所にも最寄り駅の駅前にも本屋はなくて、僕が読んでいた『少年』と姉が読んでいた『りぼん』という少年少女向けの2冊の雑誌は、隣の駅の駅前商店街の中にある本屋から配達してもらっていたのである。

これがまず発売の日には届かない。そもそも発売の日にこの本屋の店頭に並んでいたかどうかも、今となっては不明だが、想像するに店主は、まず取次から届いた本を店頭に並べ、それからおもむろにその内の1冊を抜いて、客足が少ない時間に自転車を漕いで配達に行っていたと思われる。

そんな段取りだから、発売の日に届くことは非常に稀で、姉は「K書店は信用出来ない!」と言って、毎月大荒れに荒れていたのをよく憶えている。

つまり、これは店主の側、取次の側、出版社の側の事情に引っ張られて配達の日が決まっていたのである。もしも近くに本屋さえあれば、僕らはわざわざK書店の配達を待つまでもなく、本屋に走って行ったほうが間違いなく早く、そして多分発売の日に手に入ったはずなのである。

K書店に頼んだがために、配達する時間ができるまで、それは待たされたのである。今ではそんなことは許されないだろう。

ネットで予約した者のほうが、店頭に買いに行った者より手に入るのが遅いなんて、そんなことはありえないのだ。下手すると暴動が起こるのである。

これは完全に買う側の論理で商品が動いているということである。そのためには、予約した人が店頭に買いに行った人と同じタイミングで手に入るように、時間を逆算して、店頭売りとは別の段取りで用意する必要がある。

消費者主権の世の中になった、とも言える。わがままな消費者の跋扈を許してしまった、とも言える。

いずれにしても、そんな昔の配達状況を知っている世代からすると、この時代の変化はものすごいことだと、目の前にある Kindle Fire HD を眺めながら、改めてそんなことを思うのであった。

|

« 『[MAKERS]21世紀の産業革命が始まる』クリス・アンダーソン(書評) | Main | 12/20サイト更新情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/56348010

Listed below are links to weblogs that reference Kindle Fire HD が届いていた:

« 『[MAKERS]21世紀の産業革命が始まる』クリス・アンダーソン(書評) | Main | 12/20サイト更新情報 »