« HERO CARDS | Main | のぼうの出資 »

Wednesday, October 03, 2012

色好み

【10月3日特記】 どうして男は綺麗な女性、可愛い女の子が好きなのかな、と時々考えることがある。

異性を好きになるという現象は性欲と直結している。あるいは、少なからず関係がある。

そして、人間に性欲がプログラミングされているのは繁殖行動を起こさせて子孫を残すためであると考えると、女性が強い男を好きになるというのは(それが全女性共通の傾向であるとは言わないが)それはそれで解らないでもない。少しでも強い男性の子供を産んで、強い子孫を残すためである。

しかし、綺麗な女性、可愛い女の子に子供を産ませて、綺麗な子孫、可愛い子孫を残すことに何かメリットがあるとは思えない。他に何かそこに直接繋がる要素があるはずである。

ひとつだけ考えられるのは、これはもう堂々巡りみたいな理屈なのだが、綺麗な女性、可愛い女の子の遺伝子を受け継いだ綺麗な子孫、可愛い子孫を残すことによって、その代の女性に対してもまた性欲を呼び起こさせて繁殖が途切れないようにするため、という解釈である。

繁殖の目的は繁殖そのものであるので、そういう解釈が成り立つのも確かである。

しかし、問題は親とそっくりの子供が生まれるとは限らないことである。父親と母親から少しずつ遺伝子を取ってきて合成されるわけである。美男美女のカップルにあまり可愛くない女の子が生まれてしまうことがあるということは、何組かの芸能人カップルのケースを見れば分かることである。

それに、女の子は得てして父親に似るものである。であれば、綺麗な女性、可愛い女の子と関係を結んで子孫を設けてもあまり意味はない。

では、どうして男は綺麗な女性、可愛い女の子を自然と好むようになるのだろう? そこに何か科学的な根拠や説明があるはずだと思うのだが…。

|

« HERO CARDS | Main | のぼうの出資 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 色好み:

« HERO CARDS | Main | のぼうの出資 »