« 10/7サイト更新情報 | Main | Play Log File on my Walkman #77 »

Monday, October 08, 2012

映画『BUNGO ~ささやかな欲望~ 告白する紳士たち』

【10月8日特記】 映画『BUNGO ~ささやかな欲望~ 告白する紳士たち』を観てきた。昭和の文豪たちの小説を原作として、関根光才・山下敦弘・谷口正晃の3監督が撮ったオムニバスである。

同じように冨永昌敬・西海謙一郎・熊切和嘉の3監督が撮った『BUNGO ~ささやかな欲望~ 見つめられる淑女たち』も同時上映していたが、両方通して観るまでの気力がなく、監督のラインナップからこちらを選んだ。

1作目は岡本かの子の『鮨』。「福ずし」の看板娘・ともよ(橋本愛)と常連客の先生(リリー・フランキー)のそこはかとない話。先生が一体何の先生なのかは作中ぼかされたままで終わる。恐らく作家であり、男性になっているとはいえ岡本かの子の自己を投影したものではないかと思うが…。

子供時代、偏食が強くて海苔と卵以外ほとんど何も食べられなかった先生が、如何にして寿司が好きになったかをともよに話して聞かせる。先生の母親(市川実日子)の果てしない愛情の物語を、先生に淡い恋心を抱いているともよがじっと聞き入るという関係性が面白い。

関根光才監督は、長編映画の実績はないが、ショートフィルムやCMでいろんな賞を獲って来た人であるらしい。良い画が撮れていると思った。

2作目は坂口安吾の『握った手』。脚本向井康介・監督山下敦弘のコンビである。しかし、これを一番の目当てに見に行ったのに、途中で少し眠ってしまった。僕はエリック・サティを聴かされるといつも眠ってしまうのである(決して嫌いではないのに)。

映画館で隣りに座った女性の手を衝動的に握ってしまったことがきっかけで、その女性・綾子(黒木華)とつきあうようになった大学生・松夫(山田孝之)。松夫はしかし、この女は誰に手を握られても、自分の時のように強く握り返すのではないかと気になり始めて、同じ大学で心理学を研究している由子(成海璃子)の手をいきなり握ってみる。

不思議な原作である。要するに自意識過剰の男の話である。映画の中でも松夫は由子に「一番おかしいのはあなたでしょ」と言われている。だが、こういう不安は同じ男性として解らないでもない。

テンポといい、ニュアンスといい、向井・山下コンビらしいところがよく出た映画だった。ただ、肝心の所で少し寝てしまったのが残念である。

で、3作目は林芙美子の『幸福の彼方』。これは『時をかける少女』の谷口正晃が撮っている。前作『シグナル』があまりパッとしなかったが、これはとても良かった。本当に瑞々しい夫婦愛の物語になっている。

脚本はなんと大ベテラン鎌田敏夫である。原作の細かいところを何箇所か書き換えて、とてもよくできた構成になっている。単に装飾品として入れ込んだエピソードだと思っていたものが後のストーリーの中心に甦ってくるのである。

戦場で片目を失った男・信一(三浦貴大)と見合い結婚した絹子(波瑠)の話で、仲人の吉尾(でんでん)が取り持つ見合いのシーンから始まる。照れ隠しからずっと外の鳩を見ている信一という始まり方にリアリティがある。信一の話を聞いて笑う絹子も可愛い。そして、ここで笑ったことが後のシーンに生きてくる──この映画にはそういうシーンがいっぱいあるのである。

三浦貴大も波瑠も、若いけれどもそれなりに場数を踏んでいる役者である。そして、この2人がとても良い。みんながこの若いカップルを応援したくなるようなオーラを出している。

これは林芙美子らしい、本当に身にしみてくる良い話である。3本の中ではこれが白眉であったと思う。

ところで、この映画、パンフを買おうと思ったら売ってなくて、唯一電子書籍として出版されていると言う。しかも、honto というサイトでしか購入できない。僕は bk1 時代からの会員だから良いものの、これから会員登録してダウンロードのやり方を読んで…という人からしたら、少しハードルが高すぎるのではないだろうか。面白い試みではあるのだけれど。

ただ、この電子パンフ、往々にして説得力に欠けた解題めいた文章がない代わりに、映画の台本と原作の全文が掲載されている。おかげで寝てしまった箇所の台詞を確認することができた(笑)

映画でも小説でも、短編は最後の切れ味を競うことになりがちだが、終わり方だけではなく全体を通して印象をうまくコントロールできた作品であると思った。

|

« 10/7サイト更新情報 | Main | Play Log File on my Walkman #77 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『BUNGO ~ささやかな欲望~ 告白する紳士たち』:

« 10/7サイト更新情報 | Main | Play Log File on my Walkman #77 »