« 映画『夢売るふたり』 | Main | 9/20サイト更新情報 »

Tuesday, September 18, 2012

好かれたい?

【9月18日特記】 僕は自分では普段から割合人間の多様性ということに思いを致して生きているつもりなのだが、それでも時々今まで自分の思い込みに阻まれて気づかなかった多様性に気づいて愕然とすることがある。

これは多分一度どこかに書いたと思うのだが、ある女性から人生相談みたいな話を受けたときのこと。彼女の人間関係の悩みを聞いても、僕が個別具体的に「その人に対してはこのようにすれば良い」みたいなことが言えるはずがない。

でも、僕にはたったひとつだけ言えることがあって、それを彼女に伝えたなら、「そうね。そうよね!」と言ってくれるかどうかはともかくとして、最悪「そんなこと言ったって」と少し不満そうにしたとしても、そこから先は彼女にも全く反論のしようがなく、絶対に納得してくれるものだと信じていた。

それは、

「でも、みんな(全員)に好かれようったって、無理な話だし。だから、周りの何人かが理解してくれているならそれでいいじゃない」

という台詞だった。これは僕にとっては絶対の真理で、これに納得しない人がいようとは夢にも思わなかった。ところが、彼女は驚いて、そして悲しそうにこう言ったのである。

「えー!? 私はみんなに好かれたいの。一人ひとり、全員に好かれたいの」

びっくりした。心の底から仰天した。世の中にこんな人もいるのかと思った。僕自身は全員に好かれたいなんて思ったことがないし、一人残らず全員に好かれる可能性があるなんて考えたこともない。

もちろん、嫌われるよりは好かれるほうが楽だし、自分を嫌う人がどんどん増えているという状況よりは、自分を好いてくれている人が少しずつでも増えている状況のほうが良いに決まっている。そして、何よりも辛いのはほとんどの人に嫌われるという事態である。

しかし、どう考えても、みんなに(全員でなくても大多数に)好かれるというようなことはあるはずがない、あってしかるべきではないと考えていた。それに、真理を求めるためには、あるいは、意地を通すためであれば、別に嫌われたって構わないではないか。──そういう思いが、血流となって僕のバックボーンを流れている気がする。

でも、そうでない人もいるのである。全員に好かれるところまでその道を追求したいという人もいるのである。僕にとっては驚天動地の事実であった。

さて、以上はもう何年も前の話であるが、先日会社の後輩から相談を受け、久しぶりに同じような経験をした(僕は割合相談されやすいタイプであるらしいw)。

彼もまた仕事に悩み、人間関係に悩んでいた。ある種の疎外感を覚えており、自分がどのような立ち位置でものを言えば良いのかが分からないのである。みんなと同じ立場に立ってものを言うことができない自分に悩んでいるのである。

しかし、僕から見ると、彼が上司から与えられている今の担務や役回りを考えると、彼に期待されているのは皆と同じ一担当者としての発言ではない。横から全体を見てアンチテーゼとしての働きをすることである。

僕は言った。

「君が求められているのは、みんなが嫌がることを指摘する役割だと思うよ。他人に嫌がられるクソジジイになれよ」

と。これまた彼には反論のしようがない真理であると僕は思っていた。ところが、彼はこう言った。

「勘弁して下さい。僕はみんなに好かれたいんです」

そうか。そうなのか。

僕は中学生のころから、アンチテーゼとして機能する自分の姿に憧れてきた。しかし、他人はそうではないのかもしれない。他人に嫌われても何かをやり通す人間を目指してきた。でも、それはあまり理解されないことであったのかもしれない。

しかし、それにしても、どうしてそんなに他人に好かれたいのだろう?

人が多様であることは再認識したが、そこに至る思考経路にはどうしても理解ができない。生きるというのは却々難しい作業である。

|

« 映画『夢売るふたり』 | Main | 9/20サイト更新情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 好かれたい?:

« 映画『夢売るふたり』 | Main | 9/20サイト更新情報 »