« 贈る言葉 | Main | 『曲り角の日本語』水谷静夫(書評) »

Friday, July 13, 2012

評する言葉

【7月13日特記】 昨日書いた話の続き。

僕に「おお、可哀想な奴がおる。世界で一番可哀想な奴がおる」と言ってくれた局長の言葉で、もうひとつ思い出したのがある。

声をかけてもらって、仕事をサボってお茶を飲みながら、僕は今度自分の直属の上司になる東京の部長がどんな人か訊いてみた。局長は言った。

「おう、あれか、あれはなあ、人の世の哀れが解る男や」

言い得て妙だった。本当にそういう部長だった。昨日も同じようなことを書いたが、僕が今生きているのはこの人のおかげでもあると思っている。

この局長は、故人となった今でも、「ああ、あのおっさんトンデモナイおっさんやったなあ」などという言葉で語られる人物である。一方、この部長は、当時から今に至るまで、概ねみんなに人格者と思われている人物である。

前者は取締役で終わった。後者は副社長にまでなった。

そんな違いはあっても、僕はこの2人を正反対の言葉で語ろうとは思わない。2人とも上滑りしない、心に響く言葉が語れる人であったと思っている。そして、文字通り、僕を生かしてくれた上司であると、心の底から感謝している。

|

« 贈る言葉 | Main | 『曲り角の日本語』水谷静夫(書評) »

Comments

すばらしい言葉ですね。この話が読めて、私も幸せ者です。

Posted by: | Friday, July 13, 2012 10:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 評する言葉:

« 贈る言葉 | Main | 『曲り角の日本語』水谷静夫(書評) »