« 子機はいずこ? | Main | 映画『はさみ hasami』 »

Saturday, June 23, 2012

偉くなったら

【6月23日更新】 偉くなるというのはどういうことなのだろう? 最近そんなことをよく考える。

例えば社長になったとする。いや、部長でも構わない。そうすると人はその社長なり部長なりに何を期待するのか?

誰かが偉くなった時に、人は彼に「公私混同」を期待するのではないか、と思うことがある。

この場合の「人」は自他を問わない「人」一般、つまり他人も自分に「公私混同」を期待するし、自分も自身に「公私混同」を期待するのではないか、という意味である。

もう少し解り易く言うと、偉い人に対して他人は「あの人はきっと公私混同した仕事の仕方をしてるのだろうなあ」と思い、「個人的なことをお願いしても、公私混同して叶えてくれるかもしれない」と期待し、偉くなった本人も「多少公私混同しても良いだろう」と勘違いするのではないか、ということである。

もうひとつ付け加えると、偉くなった人の部下の中には、「偉くなったんだから、すこしくらい公私混同してもらっても構わない。なんなら自分がそのための労を取ってさしあげても良い」くらいに考えている人もいるのではないだろうか?

もちろんこれは、「そういう側面もあるのではないか」という指摘に過ぎず、それを「偉い人」の本質として定義し、その見地から権力というものを語ろうというほど大げさなものではない。

ただ、権力と公私混同は、どうやってもどこかで結びつきがちなものであると思う。

なんだか最近、そういうことを実感するのである。それで、なんだか嫌だなあと思うのである。

|

« 子機はいずこ? | Main | 映画『はさみ hasami』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 偉くなったら:

« 子機はいずこ? | Main | 映画『はさみ hasami』 »