« 2 のべき乗 | Main | Play Log File on my Walkman #73 »

Saturday, June 02, 2012

映画『GIRL』

【6月2日特記】 映画『GIRL』を観てきた。

男だからどうだとか女だからどうだとかいうのは、僕が最も与しない理屈のひとつである。

とは言え、世の中にはやっぱり男性にありがちな態度とか女性にありがちな傾向みたいなものはあるにはあるわけで、今回の映画はその女性の側面を捉えた映画であるから、要するにこれを観た女性が「そうそう、あるある、解る解る」と共感してくれるかどうかがポイントなのだろう。

で、そういう映画であるから、正直言って僕にはもうひとつよく解らない映画であった。できれば、帰って行く女性客をひとりずつ呼び止めて、どう思ったか訊いてみたいような心境だった。

「うまい!」と思うところはあった。例えば冒頭の、ファッションショー会場を走る香里奈の足許のアップの比較的長いカメラワーク(ジャンプしてスローにする必要はなかったと思うが)とか、吉田羊が酒のツマミのスナックかなんかをつまみ上げた左手の、薬指の指輪に気づいて、その手首を掴む香里奈とか。

でも、どっちかと言うと、これがどの程度女性に共通の思いなんだろうか、みたいなところが気になって、あまり映画の出来そのものを見極める余裕がなかった気がする。

奥田英朗の原作も読んでいるのだが、何も憶えていない(これはいつものことであるw)。ただ、こんなに「女性小説」みたいな感じだったかな、と少し首を傾げた。あるいはプロデューサがこの原作をそういう切り口で切り直したのか? いや、多分僕が勝手に違う読み方をしていたのだろうと思う。

でも、男性の作家がそんなに的確に女性心理を掴んでいたというのなら、もっともっと評判になったはずなのになあ、と思うのだが、これもまた僕の記憶が消えているだけで、大評判だったのだろうか?

いずれにしても、そういう映画であるなら、原作者が男性であることは今さらどうしようもないが、宣伝戦略的にはせめて女性監督に任せるべきではなかったか、という気もしないでもない。そういう意味では脚本家の篠﨑絵里子にかなりの重責がかかったのではないか。

僕が見ていて気になったのは、登場人物があまりに類型的であること。あんな人もいればこんな人もいる、という印象にはなっていなくて、ひたすらストーリーを進めるためにそれぞ割り当てられた類型に、無理やり嵌めこまれた4人の女性という感じが強く、とても人工的な人物造形だと思った。

原作者の奥田英朗はパンフレットでのインタビューに答えて、

全く自分とかけ離れている時には書けないし、縦割りで考えると人物が類型化するでしょ? 要するに男か女か、年寄りだからとか若いからとか、あるいは職業が違うだとか縦割りで考えるとそういう人物しか描けなくなる。だから横割りで考えるんです。

と語っているが、その原作が脚本になる時に、もう一度縦割りになってしまったような気がしてならない。でも、どうなんだろう? この映画を観た女性たちが、あの縦割りのキャラに対して「あるある、解る解る」と言い出しそうな気もしてて、それはそれで僕としては居心地の悪い感じである。

そういう女性たちに対して、めちゃくちゃにデフォルメされた、シェイクスピアか歌舞伎にでも出てきそうな悪役の要潤を除いて、出てくる男性が見事に魅力的なのである。結局麻生久美子の夫役の上地雄輔と、香里奈の彼氏役の向井理がおいしいところを全部持って行ったような気がする。

見ようによっては、そういう良い伴侶に恵まれた女性が幸せに生きて行けるのだ、という風に読めないでもなくて、そうなると「女の幸せは結婚だ」みたいなところに繋がってしまう。いやいや本当に難しいテーマであると思った。

深川栄洋は最近になって知った監督で、僕は『洋菓子コアンドル』を皮切りに、『神様のカルテ』、そしてこの映画と3本立て続けに観ている。『洋菓子コアンドル』はあんまり感心せず、『神様のカルテ』で大いに見なおして、結局この映画はどう評価すれば良いのか、今回僕は観ていてちょっとそこまで辿りつけなかった気がする。

なるほど、やっぱりこういうのを女性映画と言うのか、と思った。

|

« 2 のべき乗 | Main | Play Log File on my Walkman #73 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『GIRL』:

« 2 のべき乗 | Main | Play Log File on my Walkman #73 »