« 皮肉なものである | Main | 理系/文系 »

Sunday, May 27, 2012

練習の場

【5月27日特記】 本日、マンションの管理組合の定期総会があった。大体はシャンシャンで終わるものだが、今回ばかりは理事会も管理会社も、きちんと段取りを踏まずにあまりにいい加減な議案提出をしたので、なんと6つあった議案のうちの3つが否決された。

こんなことって他所でもあるんだろうか?

管理会社を即変更するというような動きにはなっていないが、一応決算は承認され来期の理事も決まったものの、予算も執行されないままいろんなことが暫定のまま放り出されて、多分8月頃に臨時総会ということになりそうだ。

ちゃんと段取りを踏んでいなかった諸々については、この2~3ヶ月の間に組合員に対して改めて説明の場を設けたりアンケートを実施したりすることになるだろう。僕も何年か前に理事をやったが、確かに今期の理事と管理会社の進め方については、「あれはないよな」と思った。

そんな進め方だから、3つの議案が否決されるのも当然で、管理組合総会というのも存外ちゃんとした組織なのだなあと、気持ちが良かったくらいである。

考えてみれば、マンション管理組合の総会というのはミニ株主総会なのである。僕は結婚して何年か後にローンを組んでマンションを買って、初めてこれを経験した。

そして会社では、昨年異動で部署が変わった結果、自社や関連会社、投資先などの株主総会に初めて多少関わるようになった。ほとんど何も知らずにそういうことに関わり始めたのであるが、今から思えば管理組合の理事を経験していて良かったと思う。うん、あれはバカにならない気がする。

そう、マンション管理組合総会は株主総会の練習の場なのである。事実とても練習になったような気がする。

いや、しかし、ちょっと待てよ。ひょっとすると逆に株主総会が管理組合総会の練習の場であるのかもしれない。今期の理事の皆さんは、仕事の上で取締役会とか株主総会とかいう経験が全くない人たちだったのかもしれない。

いずれにしても、練習不足の人が安易な気持ちで総会に臨むとかなり危ういということである。

|

« 皮肉なものである | Main | 理系/文系 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 練習の場:

« 皮肉なものである | Main | 理系/文系 »