« ゴミ箱からの提案 | Main | 映画『KOTOKO』 »

Saturday, April 14, 2012

世代と仕事

【4月14日特記】 あれは高校時代だったか、それとも大学に入ってすぐの頃だったか。

僕らの親の世代には第二次世界大戦があり、戦後の焼け跡・闇市があり、その後の世代には安保闘争があり学生運動があり、じゃあ僕らの世代には何があったのか、と考えて、「なんだ、万博しかないのか」と愕然としたことがあった。

僕らは上の世代からずっと「お前たちは甘やかされている」と言われて生きてきた。彼らは時代と戦い、社会と戦い、政治と戦い、逆境をはねのけて這い上がってきた。でも、僕らには戦う相手がいなかった。僕らの相手は「世界の国からこんにちは」の万国博覧会だった。

そして、結局僕らは何もない世代だったと今は思っている。何とも戦わず、血も流さず、たいして何も生み出さなかった。

ならば、繋ぎになるか、と今は思っている。野球で言うなら中継ぎ投手である。完璧に抑えようとか抑えられるとか思っていない。1点、2点取られても、ま、決定的に負けムードにならずに、リリーフ・エースに繋げば良い。

先発投手は多分ちゃんと仕事をしたのだろう。後に出てくる投手は見事に抑えてくれるのだろう。僕らには勝ち星もセーブもない。ただ、前の人の仕事とこれからの人の仕事をどうやって繋ぐか、最近そればかり考えている。

後からくる世代が、僕らを踏み石にして前の世代の仕事に到達し、そしてそれを蹴散らしてくれることを願いながら。

|

« ゴミ箱からの提案 | Main | 映画『KOTOKO』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世代と仕事:

« ゴミ箱からの提案 | Main | 映画『KOTOKO』 »