« 『恋する原発』高橋源一郎(書評) | Main | 検索からやって来る »

Wednesday, March 07, 2012

インターネット作法試論

【3月7日特記】 facebook の中では“グループ”を作ることができる。僕もいくつかのグループに所属している。で、見ていると、自分が所属している全てのグループに同じ文章を投稿する人がいるのである。

僕はそういうことはしない。これが例えば彼の facebook と彼がやっているブログと言ったような、全く別の場所に独立してあるものならまだ解る。

しかし、ここは facebook という一つのメディアの中であり、そもそも僕と彼は「友達」であるだけでなく、複数の同じグループにも所属しているのである。だから、彼の書いた全く同じ内容の文章が僕のニュースフィードに複数並ぶことになる。読者に対して僕はそういうことはしたくない。

これが例えば facebook と twitter と言ったような、全く別のメディアならもう少しマシかもしれない。

しかし、そもそも僕には、全く特性の違う2つのメディアに同じ文章を載せようという発想がない。

仮に載せるとしても部分的に書き換えるだろう。ひょっとしたら両方の文章を目にしてしまった人が「まちがい探し」をしてくれるかもしれない。僕の読者には結構そういうタイプの人が多いから、そういう人へのファン・サービスにはなるだろう。

なんであれ、僕は彼のようなことはしない。ただ、もちろん彼が何のためにそんなことをしているかは解る。それは端的に言って、ひとりでも多くの人に読んでもらいたいからである。

僕はすでに読んでくれている人のことを考え、彼はこれから読んでくれるかもしれない人のことを考えている。まあ、志向性の違いと言えばそれまでのことだが。

|

« 『恋する原発』高橋源一郎(書評) | Main | 検索からやって来る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/54165292

Listed below are links to weblogs that reference インターネット作法試論:

« 『恋する原発』高橋源一郎(書評) | Main | 検索からやって来る »