« 8/6サイト更新情報 | Main | 夏の本 »

Sunday, August 07, 2011

巨人の星

【8月7日特記】  今の若い子たちは、思い込むということはあってもそれは大体が「多分簡単にできるだろう」という思い込みであって、従って試練の道などは選ぼうとはしないし、ど根性なんて言葉も聞きたくないと思っている。

真っ赤に燃えるなんてことは滅多にないし、王者などというものに対する憧れもない。血の汗も流さない代わりに涙も流さない。行け行けと言われてどんと行くタイプでもない。

いや、それは今の若い子たちだけの話ではない。僕らも概ねそうだった。こんな親父にはついて行けんと思ったし、大リーグボール養成ギプスなんて勘弁してくれーと思った。飛雄馬が「重いコンダラ」を引いてグラウンドを走る絵を見て、げーっ、こんなしんどいことは嫌だと思った。

でも、なんかそういうことに対する共感とまでは言わないが、そういう世界をしらけて見ているのではなく、多少拒否感はありながらも真面目に受け止めている感じがあった。大リーグボールがぐにゃっと曲がるのを見て、こんなことはあるはずがないと思いながら、その成果を心から祝福していた。

あれはもう40年くらい前か。一世を風靡したと言っても、それが今そのまま通用するはずがない。でも、なんか急に思い出したのである。

今必要とされている人材は、星飛雄馬なのだろうか? 星一徹なのだろうか? 星明子なのだろうか?

いや、これらの人々が単独で復活してきても、今の世の中は動かないだろう。随分と時代は変わったのである。

|

« 8/6サイト更新情報 | Main | 夏の本 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 巨人の星:

« 8/6サイト更新情報 | Main | 夏の本 »