« 『東京バンドワゴン』小路幸也(書評) | Main | 映画『大鹿村騒動記』 »

Thursday, July 14, 2011

歯と髪

【7月14日特記】  今、歯医者に通っている。虫歯ではない。上の、前歯と奥歯の中間くらいにある何本かの歯の、根元がすり減ってきているのである。

昔は歯ブラシでのこすり過ぎが原因と言われたらしいが、今では噛み合わせに問題があるのが原因とする説のほうが有力だとのこと。いずれにしても、放置せずに埋めたほうが良いでしょうと歯医者が言うので、その治療をしてもらった。

1回目が上の右、2回目が上の左。以上で完了したのだが、ついでに歯のクリーニングもしますかと問われたので、やってもらうことにして、昨日がクリーニング1回目(下の歯)、そして来週2回目(上の歯)で全行程終了となる。

前にも歯のクリーニングをしてもらったことがあるのだが、これが驚くほどきれいになるのである。今回も帰って鏡を見たら嘘みたいに白くなっている。

「超音波」って言ってたけど、水も激しく出ているし、あれは一体どういう仕組と原理で削っているのだろうか?

で、思うに、毎日歯ブラシにハミガキつけてちまちまこすってなんかいなくても、あの器具があったら一瞬にして白い歯の出来上がりではないか? なんであれを各家庭にという話にならないのだろうと、ちょっと思ったりした。

もちろん、値段が高すぎる、嵩張ってスペースを取りすぎる、等々の障害があるわけだが、一番の問題は、他人の歯だからこそあんなにきれに掃除できるが、自分で自分の歯をやるとなると、あんな風にできるはずないということだろう。

理容師さん・美容師さんのブロー技術もすごいけど、あれは他人の頭髪だからできるのであって、同じだけの技術があっても自分で自分の髪型をあんなに自由自在にセットしたりできないのと同じである。

──などと、今日もまた変なことに気がついたのであった。

|

« 『東京バンドワゴン』小路幸也(書評) | Main | 映画『大鹿村騒動記』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 歯と髪:

« 『東京バンドワゴン』小路幸也(書評) | Main | 映画『大鹿村騒動記』 »