« The Harry Potter Series in a hurry | Main | ソーシャル・メディアの始まり »

Monday, July 11, 2011

暑さとトシ

【7月11日特記】  こないだ妻に言われたのである。

あなたもそろそろ年を取ってきたのだから気をつけたほうが良い

と。ひょっとすると「あなたも」ではなくて、「私たちも」だったかもしれないが、その辺は特に拘ってもいないので記憶も定かでない。

で、何に気をつけろと言うのかと言えば、

年を取ってくると、暑いのに気づかなくなる

のだそうだ。

が、これはちょっとおかしい。

そもそも暑いとか寒いとか言うのは極めて個人差の大きい主観的なものであって、だから「暑い」=「暑いと思う/感じる/気づく」なのである。逆に言うと、「暑いと思わない/感じない/気づかない」=「暑くない」のである。だから、「暑いのに気づかない」という日本語はおかしいのである。

で、とは言え一応最後まで話を聞こうかと気を取り直して、じゃあ、暑いのに気づかなくなると何が起こるかと言えば、

下手すると寝ている間に熱中症になって、でも自分ではそれに気づかずに倒れてしまう

のだそうである。

が、これもおかしくないか? だって、寝てるんだからもとから倒れてるだろ? え、そうじゃない? そうか、つまり「倒れる」じゃなくて「斃れる」のか? ということは死ぬのか!

ま、言わんとすることは解らんでもないが、それを言うなら、

年を取ってくると、高気温のために大きなダメージを受けていても、それに対して身体が危険信号(つまり顔が火照るとか、やたらとのどが渇くとか)を発してくれないので、そのまま熱中症で死に至ることもある

ということではないか。どこの誰がそんなことを言っているのか知らないが、そんなこともきちんとした日本語で論理的に伝えることができないのか、情けない!

──と、年を取ってくると少し怒りっぽくなるのは確かなようである。

|

« The Harry Potter Series in a hurry | Main | ソーシャル・メディアの始まり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 暑さとトシ:

« The Harry Potter Series in a hurry | Main | ソーシャル・メディアの始まり »