« 『八日目の蝉』角田光代(書評) | Main | ウクレレの弦 »

Friday, April 08, 2011

違い

【4月8日特記】 twitter とか facebook などという新しいメディア/ネットワークが出てきて、いろんな人がこちらに流入してきているのだが、見ているととても不思議、と言うか面白い。

たとえば、ブログで映画の感想を書いていた人が、ここんとこ facebook にその記事を載せている。twitter でラーメン食った感想を呟いてた人が、最近は facebook にそれを連投している。

で、その結果、多くの人は従来のブログや twitter がなおざりになり、ひどい場合は全く手つかずの置き去りになっている。あるいは、twitter と全く同じ内容が ブログや facebook に貼りつけてある。

へえ、と思う。

僕はそんなことはしない。せっかく新しいメディアを始めるのであればきっちり差別化して併用したい。いや、差別化の目処が立つなりイメージが湧くなりしない限りは新しいメディアに手を出したりしない。

逆に差別化しないで始めるのであれば、それは古い場から新しい場にごっそりコンテンツを引っ越すことを意味する。旧いプラットフォームに残っているコンテンツをきれいに消して、丸ごと新しいプラットフォームに移し替える。

中途半端に更新しなくなったものを置いておくのは気が進まない。もしもそこまで手がまわらないのであれば決して新しい場に手を伸ばさない。

こういう感覚をついつい万人共通のものだと思ってしまうのだが、そうでもないらしい。あるいは、万人共通といえばそうなのかもしれないが、みんな僕ほどの執着はないのかもしれない。

みんなプライオリティが、いや、大袈裟に言うならば人生哲学が違うのか──と、つくづく思う。とっても不思議。いや、とっても面白い。

|

« 『八日目の蝉』角田光代(書評) | Main | ウクレレの弦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 違い:

« 『八日目の蝉』角田光代(書評) | Main | ウクレレの弦 »