« March 2011 | Main | May 2011 »

Saturday, April 30, 2011

映画『ガリバー旅行記』

【4月30日特記】 映画『ガリバー旅行記』を観てきた。いや、もう、この映画には解説も批評も余計なお世話だろう(笑) ひたすらこのあほらしさに脱力して観ていれば良いのである。

よくまあこんなあほらしい映画を一生懸命作るもんである。予告編を観た人なら判っているだろうが、これはあの世界文学史上に残るスウィフトの『ガリバー旅行記』をそのまま映画化したものではない。

舞台は現代のNY。出版社のメール・ボーイを10年もやっているダメ男が、片想いの女性記者に見栄を張ったためにバミューダ・トライアングルに取材に行く破目になり、洋上で嵐に遭い、目が覚めたら小人の国リリパットの海岸で全身を縛られていたという話である。

ともかくこの男が生来の「調子こき」であるがために次々におかしなことになる。で、また細かいことに拘らずにご都合主義でストーリーを繋いで行くので展開速い速い(笑) わずか85分で映画は終わってしまう。

この主人公の名前が当然ながらガリバーで、それを演じているのがジャック・ブラック、有名なコメディアンである。映画では2003年の『スクール・オブ・ロック』が代表作で、僕は2006年の『ナチョ・リブレ』が大好きだったのだが、まさにこの映画でもあの辺の感じそのままのはっちゃけぶりである。

Continue reading "映画『ガリバー旅行記』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, April 29, 2011

映画『八日目の蝉』

【4月29日特記】 映画『八日目の蝉』を観てきた。角田光代の原作のほうは、僕としては珍しいパタンなのだが、映画の宣伝が出始めてから文庫で読んだ。

だから、いつも原作についてはほとんど憶えていない僕が今回はいろんなことを憶えていて、これはこれで原作との細かい違いが気になって具合が悪い。自分がどう受け取ったかという感触も残っているので、なおさら違和感が際立ってくる。

例えば、希和子(永作博美)が恵理菜を誘拐したのが雨の日になっているが、原作に天候についての記述はない。雨と書いていない限り雨ではないのではないか? それを敢えて雨の日と設定するのは何故なのか? どうも腑に落ちない。何故なら僕は晴れ渡った空を思い浮かべて読んでいたから。

晴れの日に赤ん坊を連れて歩き去るのと、降りしきる雨の中を抱きかかえて逃走するのとではシーンのニュアンスがかなり違ってくるではないか。

それに子供を盗まれた側の秋山夫妻(田中哲司と森口瑤子)の暮らしも随分裕福に描かれていると思った。ガレージ付きの一戸建てである。原作の秋山はもう少しショボい感じのサラリーマンではなかったか? 僕は小さなマンションと貸し駐車場のイメージでいた。

他にも細かいところで原作との、あるいは原作から僕が受けたイメージとの食い違いがある。それは単に読む者の感性の差という面もあるだろうが、映画化するに当たって意図的に書き換えられた部分もある。

長編小説を2時間内外の映画にするためにはどうしてもどこかを切らなければならない。そして、どこかを切り落としただけで辻褄が合うはずがなく、そのほかにもどんどん設定や進行を触って行かなければならない。それは当たり前のことだ。

しかし、どこを切ってどう触って行くかというところで、どうしても読者と映画作家との間にズレが生じてしまう。そのズレを快く思うかどうかということが、結局映画の評価そのものになってしまったりもするので要注意である。言わば読者と監督の双方が読解力を試されているのである。

Continue reading "映画『八日目の蝉』"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Thursday, April 28, 2011

映画『まほろ駅前多田便利軒』

【4月28日特記】 映画『まほろ駅前多田便利軒』を観てきた。一昨日の記事にも書いた通り、大変楽しみにして観に行った。

最初に思ったのは、三浦しをんによる原作ってどんな感じだったんだろ?ということ。あまりに不思議な雰囲気の映画に仕上がっているから。

まほろ駅前で便利屋をやっている多田(瑛太)の前にある日突然中学の同級生だった行天(松田龍平)が現れる。この行天がとても不思議、というか不思議を通り越して現実感がないのである。ひょっとして映画の最後に、「実は死人でした」みたいな種明かしがあるのかもと思ったほどである。

最初に便利屋としての多田の日常が描かれた後、行天は突然画面の中にいる。終バスが終わったバス停に、多田が仕事で預っているチワワを勝手に抱いて座っている。第一声は「久しぶり」でも「憶えてる?」でもなく「煙草ちょうだい」。

で、今晩一晩泊めてくれと言う行天を、多田は一旦断るが結局一泊だけという条件で泊める。それがそのまま何ヶ月も居続けて一緒に便利屋をやっている。お互いの境遇のことはほとんど話さないので、中学以来何をやっていたのか互いに知らない。知っているのはお互いバツイチであることぐらい。

Continue reading "映画『まほろ駅前多田便利軒』"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Tuesday, April 26, 2011

「人気記事ランキング」から

【4月26日特記】 このブログの左カラムには「人気記事ランキング」というパートがあります。普段からそれほど注意を払って観察しているわけでもないのですが、時々意外なものが上位に上がってきているのに気がつきます。

なんでだか解らないものも結構多いのですが、なんでだか想像がつくものもあって、そういうのが面白いです。

今で言えば映画『ゲルマニウムの夜』の記事。5年以上も前の記事が今日現在で第10位です。これは明らかに大森立嗣監督の新作『まほろ駅前多田便利軒』が先週土曜日に封切られたからでしょう。

こういうのを見ていると、「僕の記事も、ああ、読まれているんだなあ」と嬉しくなったりするのですが、実はこの現象が直接に物語っているのは僕の記事が読まれているということではなく、単に『ゲルマニウムの夜』についての記事がネット上に少ないということだと思います。

Continue reading "「人気記事ランキング」から"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, April 25, 2011

車中にて

【4月25日特記】 ここ何年間かで急に顕著になって来た傾向だと思うのだが、最近満員電車のドア付近に立っていて、電車が駅についてドアが開いても降りない人が非常に多くて驚いてしまう。

僕は降りる。自分が降りない駅でも一旦電車の外に出る。降りる人がいなくなってから再び乗り込む。──僕らはずっとそうしてきた。一体いつからそうしない人が増えてきたのだろう? そして、それは何故なのだろう?

最近の若者はわがままになってきたんだ。

下手するとそんな浅い考察結果にたどり着いてしまう。そして、

それは親の教育が悪いからだ

などと、次の推論に飛んでしまう。

Continue reading "車中にて"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 24, 2011

ドラマW『遠い日のゆくえ』

【4月24日特記】 録画したままいっぱい溜まっているドラマWの中から『遠い日のゆくえ』を観た。これは第3回WOWOWシナリオ大賞受賞作である。今回の受賞者、即ち脚本家は福島敏朗という人。経歴は書いてないので分からない。

主人公は遺品整理の会社の見習い社員・宮脇孝志(永山絢斗)。僕が勤めている局も2~3年前に遺品整理人のドラマを作ったけれど、『おくりびと』以来、こういう人の死に関わる職業がよく取り上げられるようになったと思う。

ただし、このドラマは遺品整理の仕事を正面から描いた話ではなく、それはあくまで話の入り口である。58歳で所謂「孤独死」をした沢村希和子(風吹ジュン)の日記帳を孝志が読んでしまったことが発端となり、そこからは孝志が狂言回しとなって希和子の中学入学から死に至るまでの人生が描かれる。

で、もちろん孝志は単なる狂言回しでは終わらない。脚本を作る上でのある種定番の手法として、孝志の人生と希和子の人生が重ねられるのである。

Continue reading "ドラマW『遠い日のゆくえ』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, April 23, 2011

週休3日

【4月23日特記】 昨日の金曜日は会社を休んだ。週休3日である。週休3日にしてみると、ああ、週休3日くらいがちょうど良いなあ、と思う。

いまだに週休1日の人も少なくないし、1日も休めずに働き尽くめの人さえいるというのに何を贅沢な、と言われるかもしれない。しかし、申し訳ないけど、1日余分に休むといつも、ああ、これくらいがちょうど良いなあと思ってしまうのである。

いや、週休何日が適当かという話ではなく、ひょっとしたら誰もが今より1日休みが増えた状態がちょうど良いのかもしれない、と言ったら分かってもらえるだろうか?──この労働に倦んだ感じ。

Continue reading "週休3日"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, April 22, 2011

甦る感謝

【4月22日特記】 妻が大学を出て最初に勤めた会社の同僚から定年退職の挨拶状が届いた。妻とは結構年齢が離れているが、職務上の上下関係はなく、一緒にテニスをしたりする仲間であったらしい。

実は僕はこの人(仮にT氏としよう)に頭が上がらない。と言うか、一度直接お目にかかってお礼を言いたいという気持ちでいっぱいなのだが未だに果たせていない。

Continue reading "甦る感謝"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, April 21, 2011

4/21サイト更新情報

【4月21日特記】 サイトを更新しましたのでお知らせします(このブログのことではなく、併設している私のHPの更新案内です)。

今回はレギュラー・コーナーである言葉のエッセイが1編、そして bk1 への投稿書評が2編あります。

エッセイは今までにも何度か書いている、外来語のカタカナ表記についてのもの。エッセイは角田光代と京極夏彦の小説が1編ずつです。

という訳で、今回の更新は以下の通り:

Continue reading "4/21サイト更新情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, April 19, 2011

健康保険証の不思議

【4月19日特記】 気がついたらもう何年も健康保険証を持ち歩いている。通勤バッグに入れっぱなしになっているのである。

それができるのは、たまたまウチには子供がいなかったり、たまたま妻は扶養に入っていなかったり、扶養に入っていた母には「遠隔地交付」でもう1枚作ってもらってたり、ということなのだが、考えてみたら逆に一家に一通しかかなったら非常に不便ではないか?

Continue reading "健康保険証の不思議"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『オジいサン』京極夏彦(書評)

【4月19日特記】 これは変な本に手を出してしまった。

僕は時代小説をあまり好まないこともあって、京極夏彦の小説を読むのはこれが初めてなのである(京極原作のドラマや映画は何本か観ているが…)。で、初めて読む京極作品がこの小説とは、我ながら「それは違うだろ」という気がする。

江戸時代の話でもなければ怪談でもないし、妖怪も出てこないどころか、出てくるのはほとんど爺さんひとりで、しかも何も起こらないのである。全編を通じて年寄りの繰り言が延々と続く。いや、繰り言ではないかな、世迷い言と言ったほうがぴったり来るか。

いずれにしてもこれは「そんなもん読んでどうする?」と自分で自分にツッコミを入れたくなるような小説である。

しかし、一方でもう少し自分から距離を置いて考えると、どうもそういう人、つまり、年寄りの世迷い言なんか読んでも仕方がないと思っている人が読まないでどうする?みたいな気にもなってくる、なんとも言えず妙な存在感のある話なのである。

Continue reading "『オジいサン』京極夏彦(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, April 18, 2011

墓碑銘

【4月18日更新】 今日ネクタイを1本捨てた。朝締めて行って、家に帰って外してそのまま捨てた。朝締める時から今日が最後のつもりだった。

2006年の7月に東京支社から本社に転勤する(同時に単身赴任が解消する)際に、当時の部員たちが餞別にくれた品である。非常に気に入っていた。他人にもらったネクタイをこんなに気に入るなんて滅多にないことだ。

しかし、哀しいことに気に入ったネクタイほど傷むのが早い。

Continue reading "墓碑銘"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 17, 2011

ドラマW『再生巨流』

【4月17日特記】 録画したまま放ってあったドラマW『再生巨流』を観た。原作は楡周平の同名小説。監督は鈴木浩介。

大雑把に分類すると経済ドラマである。

主人公はスバル運輸営業部次長・吉野公啓(渡部篤郎)。冒頭の会議の短いシーンだけで、吉野が他の業界から転職してきて5年でかなり成績を挙げていることが簡潔に語られて、非常に手際のよい脚本だと思った。

だが、それだけに吉野に敵は多い。ある日突然吉野は新設の新規事業開発部に左遷される。

形だけは部長昇格だが、部下は入社以来一度もノルマを達成したことがない立川(尾上寛之)と如何にもやる気のなさそうな事務員・岡本(山田麻衣子)の2人だけで、しかもノルマが年間10億円という、どう考えても嫌がらせでしかない人事である。

しかし、吉野は不屈の闘志と企画力で新規事業をモノにして行く、というお話である。途中から部下として元甲子園球児の蓬莱(中村蒼)が加わって、非常に良い働きをする。

Continue reading "ドラマW『再生巨流』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, April 16, 2011

トイレの敵

【4月16日特記】 冷蔵庫に残っていた杏仁豆腐が悪かったのか、お腹を壊した。ベッドに入ってから何度もトイレに行った。そして、トイレから帰って来たらまた束の間眠るのであるが、そのトイレとトイレの間に見る夢がどれもこれも判で捺したように同工異曲だったのには驚いた。

  • 外には宇宙人に肉体を乗っ取られた奴らがうようよいるのに、家の中にはトイレがなくて外に出て行かなければならない、という夢
  • 外界は放射能で汚染されているのに、シェルターの中にはトイレがなくて、用をたすためにハッチを開けて出て行かなければならない、という夢
  • 外は日が暮れて暗くなってきた中、離れにあるトイレに行くために殺人鬼がうろついている戸外に出行かなければならない、という夢

(これが見た順番通りなのかどうかは定かではない)

結局3つ目の夢を見て3回目のトイレに起きた後、正露丸を飲んで漸く朝まで眠ることができた。

Continue reading "トイレの敵"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, April 15, 2011

電波目覚まし時計と私

【4月15日特記】 ヨドバシカメラに目覚まし時計を買いに行った。店員さんに話を聞くと、「こっちが電波時計、で、こっちが電波時計でない奴。お客さんの中には電波でないほうがいいって言う人もいるんですよ」とのこと。

へえ、そんな人もいるのか、とは思ったが、あまり深く考えなかった。

電波時計のほうが当然値段が高いだろうし、その人の寝室はたまたま電波が入りにくいのかもしれないし、あるいはなんとなく電波が飛び交ってるのが気持ち悪いなんて言う人もいるのかもしれないし・・・。

ところが、続きを聞いてびっくりである。

「5分とか10分とか、時計を進めておいて、目覚ましが鳴っても、あ、まだ5分寝られる、っていう風にしたいのに、電波時計にするとぴったり合っちゃうのが具合悪いらしいんですよね」

Continue reading "電波目覚まし時計と私"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Wednesday, April 13, 2011

映画『SOMEWHERE』

【4月13日特記】 映画『SOMEWHERE』を観てきた。ソフィア・コッポラ監督・脚本。

例によって僕はソフィア・コッポラのことを「親の七光りの馬鹿野郎」だと思って、彼女のデビューした頃には全く見る気もなかった。

僕が何かにつけてニ世を嫌うのは、僕が小さい頃から父親に自分の仕事を継ぐように命じられ、ずっとそれに反発して生きてきた(そして幸いにも世襲を免れた)ということの影響が大きいのだと思う。ともかく名監督の息子や娘が監督をしていると聞いてしまうと、観ようという気が却々湧いてこないのである。

ところが、何がきっかけだったか憶えていないのだが、第2作の『ロスト・イン・トランスレーション』を観て心酔してしまった。これはひょっとするとフランシス・フォード・コッポラよりも優れた映像感覚を持った人なのではないか、と(実はフランシス・フォード・コッポラの映画もほとんど観ていないのにも拘らずw)。

それで、次作はぜひ観たいと思っていた。が、気がつけばこれが第4作である。なんと『マリー・アントワネット』が彼女の作品だったとは、今頃になって初めて知った次第である。

ま、でも、そのほうが良かったのかもしれない。僕にとっては『ロスト・イン・トランスレーション』からすんなり繋がった作品だった。

Continue reading "映画『SOMEWHERE』"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Monday, April 11, 2011

今日の BGM#57

【4月11日特記】 例によって今日も2回分合体の履歴。

  1. HEART BEAT (佐野元春)
  2. ふたりは若かった(小山ルミ)
  3. PIECE OF MY WISH (今井美樹)
  4. 本気でオンリー・ユー(竹内まりや)
  5. 水色の恋(天地真理)
  6. 小指の想い出(伊東ゆかり)
  7. なごり雪(イルカ)

Continue reading "今日の BGM#57"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 10, 2011

野球選手名鑑

Baseballplayersbook

【4月10日特記】 ちょうど4年前の記事に書いたのだが、僕は毎年『ベースボール・レコード・ブック』を買っていた。去年までずっと買っていた。今年も買わなければと思って本屋を2~3軒覗いたが見つけられずにいたのだが、突然 iPhone で思いがけないものに出会った。

iPhone 用アプリの『野球選手名鑑』である。

本来は¥315 らしいが、今はシーズン前の特価で¥115 になっていたので全く迷うことなくインストールしてみたのだが、これがものすごく充実している。

Continue reading "野球選手名鑑"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, April 09, 2011

ウクレレの弦

【4月9日更新】 ウクレレの弦を久しぶりに張り替えた。

ウクレレの弦はギターと違ってそんなにしょっちゅう張り替えなくて良いと言われる。1年ぐらい張りっぱなしで構わないと書いてある本もあるくらいだ。

フォーク・ギターを初めて買ったとき、「弾き終わったら弦は必ず緩めておくこと。そうしないとネックが反るから」と言われて、僕はそれを律儀に守ってきた。おかげで2本目に買ったギターをヤフオクで売るときに、「弦高が低く、手入れが良くできている」と言われた。

そう思ってウクレレを手にしたら、今度は「いちいち緩めなくて良い」と言われてちょっと勘が狂った。

Continue reading "ウクレレの弦"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, April 08, 2011

違い

【4月8日特記】 twitter とか facebook などという新しいメディア/ネットワークが出てきて、いろんな人がこちらに流入してきているのだが、見ているととても不思議、と言うか面白い。

たとえば、ブログで映画の感想を書いていた人が、ここんとこ facebook にその記事を載せている。twitter でラーメン食った感想を呟いてた人が、最近は facebook にそれを連投している。

で、その結果、多くの人は従来のブログや twitter がなおざりになり、ひどい場合は全く手つかずの置き去りになっている。あるいは、twitter と全く同じ内容が ブログや facebook に貼りつけてある。

へえ、と思う。

Continue reading "違い"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, April 07, 2011

『八日目の蝉』角田光代(書評)

【4月7日特記】 角田光代の作品では直木賞受賞作の『対岸の彼女』を読んだ。凝った作りのとても面白い小説だった。にも関わらず、どこか僕好みの範疇に入って来ないところがあって、『情熱大陸』のHP上で展開されたいくつかの短編を除けば、その後1作も読んでいない。

この『対岸の彼女』は WOWOW でドラマ化された。これを観たのも原作が好きだったからではなく、出演者のひとりである多部未華子が見たかったからだ。平山秀幸が監督を務めていて、これまた非常に出来が良かった。

そして、今度は映画『八日目の蝉』の予告編が始まった。これまた好きな永作博美が出ているので観たいと思った。そして、本屋で見て久しぶりに読んでみようか、映画の前に読んでおこうかという気になったのである。

6年ぶりの角田作品は(と言っても書かれたのは直木賞の2年後なのだが)、あれ、この人、こんな巧い作家だったかなというのが第一印象だった。

もう少しあざとくて、読んでいると時々引っ掛かってしまう作家という印象があったのだが、わずか2年間で文章もストーリーもこんなに滑らかに書ける人になったのか、という気がしたのだが、それは単に僕が『対岸の彼女』の時に見抜けなかっただけなのかもしれない。

Continue reading "『八日目の蝉』角田光代(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

面倒くさい人生と面倒くさくない生き方

【4月7日特記】 東日本大震災による原発事故の影響で、所謂「風評被害」が問題になっています。例えば茨城県産であるというだけでどの野菜も全く売れなくなるというような現象です。

インターネット上で自分で購入申し込みをしておきながら、いざ商品(しかも、この場合は鉛筆!)が宅配便で届くと、「放射能地域のものは受け取れません」とのメッセージをつけて「受取拒否」で送り返してきたお客さんがいる、と twitter 上で茨城県の人が呟いているのも読みました。はあ、そこまで来ているのか、と、ちょっと暗澹たる気分になりました。

しかし、よくよく考えてみれば我々はこういう態度を日常生活のあらゆる局面で取っているのではないでしょうか。

Continue reading "面倒くさい人生と面倒くさくない生き方"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, April 05, 2011

4/5サイト更新情報

【4月5日特記】 サイトを更新しましたのでお知らせします(このブログのことではなく、併設している私のHPの更新案内です)。

今回も例によってレギュラーで更新している言葉のエッセイと、書評がひとつずつです。

エッセイのほうは得意の(?)車内アナウンスもの、書評のほうはウェブ・マーケティング(いや、脱マーケティング論と言ったほうが良いかもしれません)に関する本を取り上げました。なお、この書評は今年1本目の「今週のオススメ書評」に選ばれました。

という訳で、今回の更新は以下の通り:

Continue reading "4/5サイト更新情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 03, 2011

シネマイレージカードとシネマポイントカードのお得感

【4月3日特記】 僕が生涯で最も多く通った映画館は三宮のシネ・リーブル神戸である(ただし、同じ建物でも名前が変わったら別の映画館として集計している)。先日 TOHO シネマズ西宮 OS がこれに並んだが、昨日の『婚前特急』でまたこちらが単独トップになった。

ところで僕は TOHO シネマズ西宮 OS ができたときに TOHO シネマイレージカードに加入した。「映画を6本観たら7本目は無料」という宣伝文句に惹かれてのことである。

ところが、それよりずっと前から通っているシネ・リーブルのシネマポイントカードには加入していなかった。こちらは「カード提示で300円割引」という謳い文句なのだが、なんか「200円や300円得してもなあ」という思いでずっといた。

確かに、もう何年も通っているシネ・リーブル神戸と、つい2~3年前にオープンした TOHO シネマズ西宮 OS がほぼ同じ回数であるということは、密度としては後者のほうがずっと濃いわけで、そうなると TOHO シネマイレージカードのほうが重宝ということになる。

そして、東宝系の TOHO シネマズのほうが松竹系のシネ・リーブルよりも圧倒的に館数(スクリーン数)が多いので、そういう意味でも TOHO シネマイレージカードのほうが加入するメリットが高い。

さらに、TOHO シネマズはネット上でチケット購入から座席指定までできるので、そういうことに対する好意が、僕がシネマイレージカードに加入するための勢いにもなっていた(この感覚はあまり他の人には解らないかもしれないがw)。

Continue reading "シネマイレージカードとシネマポイントカードのお得感"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, April 02, 2011

映画『婚前特急』

【4月2日特記】 映画『婚前特急』を観てきた。僕は最初はブログ「ラムの大通り」の管理人えいさんに教えてもらったのだが、ともかく試写会を観た人がこぞって激賞する、とても前評判の高い作品である。

監督は前田弘二(脚本は高田亮との共同)。これが劇場公開作品としてはデビューになるが、自主制作時代にいろんな賞を獲っている人なのだそうだ。

で、結論を先に書くと、ちょっと期待が大きすぎた、いや、と言うよりも違う方向に期待していた僕が悪いのである(笑)

僕はみんなが褒めちぎるもんだから、てっきりものすごく新しい感覚の映像を見せてくれるのではないか、あるいは、例えて言うなら『運命じゃない人』みたいな、「よくぞここまで込み入った話を見事に組み立てたもんだ」と思えるような仰天のストーリーが用意されているのではないか、などと思っていたのだ。

ところが、身も蓋もない言い方をしてしまうと、これはただのコメディである。そして、寡聞にして知らなかったのだが、こういうのをスクリューボール・コメディと言うのだそうである。確かに言い得て妙である。

Continue reading "映画『婚前特急』"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Friday, April 01, 2011

表彰前夜

【4月1日特記】 明日(と言うか日付の上では既に今日だが)、新入社員と一緒に入社式に出て永年勤続の表彰を受ける。何年かひたすら辛抱していれば誰でももらえる賞だ。

で、思い出すのは自分が入社して間もない頃のこと。研修が終わって僕が配属された営業局には「中之島」と呼ばれるスペースがあった。

そこは営業第一部でも第二部でもネットワーク業務部でもなく、フロアのちょうど中央辺りに、確か局次長と局付き部長と部付き部長の3人がデスクの「島」を作って座っていた。だから僕らはそこを密かに「中之島」と呼んで、そして彼らを密かに軽蔑していた。

その方々は、今ではごく普通に言うが当時はあまり用いられなかった表現で言うと、ラインではなくスタッフのお歴々だった。

そして、彼らは大抵暇そうで、新聞や週刊誌を読んだり、契約社員の女の子に冗談を言ったり、訪ねてきた古馴染みの広告代理店の人たちとだべったりしていた。ま、だべるのも営業の仕事のうちだからそれはそれで良いのだが、時々妙にやる気を出すと決まって飛んでもないことをしでかしてくれた。

例えば、他のどのスポンサーよりも安い値段で勝手に売ってきたり、あるいはもう完売していて売るべきCM枠がない番組を売ってきたり、器用な人はその両方をいっぺんにこなしてくれたりしていた。

Continue reading "表彰前夜"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »