« メモは愉し | Main | 断念 »

Tuesday, March 01, 2011

自動改札の怪

【3月1日特記】 駅の非接触型ICカード用の自動改札で定期をセンサーにかざすとき、センサー部分をろくに見ないで定期入れを押し当てて、と言うより、なでつけている人が少なくないことに気づいた。

最初は妻がそうしているのに気づいた。そして、注意して観察していると、それは妻だけではないことに気づいた。特に女の人に多いような気がしていたのだが、よくよく見ていると男の人にも少なくない。

これはなんでだろ? 不思議で仕方がない。いや、非難しているのではない。純粋に不思議なのだ。

野球でもゴルフでも、「球をよく見て」とか「ボールから目を離すな」とか言うではないか。いろんな球技で小さい時からそういう風に仕込まれてきたはずだ。

なのに、なんで自動改札では目を離すのか。球技体験からすれば、自然にかざすべき箇所を見るものではないだろうか?

ま、自動改札は球技ではないと言われればそれまでのことだが、しかし、いずれにしても、そういう動作の時に人間というものは放っておいたら動作のポイントとなる箇所に目が行くものではないだろうか?

わざわざ目を離すのは、そこにどういう事情があるからなのか? 目を離すことによるメリットは何かあるのだろうか?

自動改札のセンサー部分を見るというのは実はそんなに負担な動作ではない。人間の感覚器や神経は非常に優れているので、ほんの 0.1秒でも良いからチラリと目をやりさえすれば、間違いなく正しい場所にICカードを宛てがうことができるのである。

それを敢えて避けるのはどうしてなのか、僕は不思議で仕方がないのである。

現にそれを怠るから、定期をちゃんとかざしているつもりが少しずれてしまって、警告音とともに遮断されている人が時々いる。そんな人の後ろに続いているとがっかりする。

ちゃんとセンサーに一瞥を加えておきさえすれば、自分だって確実に失敗なく通り抜けられるし、後に続く他人に迷惑を掛けることはない。なのに敢えて目を逸らして通り抜けようとするのはなんでなんだろう? 何かの修行なんだろうか?

「みんなそんなにグチャグチャいろんなこと考えてないんだよ。大体お前はひたすら他人に迷惑を掛けないことばかりに神経が行ってしまうツマラナイ人間なのだ」とか言われるのかな?

僕がツマラナイ人間だと言われるのは、まあ仕方がない。しかし、ツマラナクナイ、立派な人間たちはどうして自動改札で目を逸らすのか、その謎は解けないままである。

|

« メモは愉し | Main | 断念 »

Comments

ヒトは、意識しなくていいことは意識したくない
不精者なのではないでしょうか。

野球やゴルフは球を打つことに目的があるから
球を見なきゃいけないけれど、
改札口では通過することが目的で、
定期券をセンサーにあてがうことはそのための手段かと。

意識しなくていいならそれにこしたことはなくって、
だから身につけているだけで扉が開いたりエンジンがかかったりする
非接触型のカギがありがたがられますよね。

バッターボックスに入る時にバットを忘れる選手はいないけれど(長嶋ならやりかねないか)、
定期券を忘れる乗客はいる(長嶋には定期券を持たせること自体ムリ)。
定期券とそれをあてがう行為に対しては、
いちいち思い出させるなよ、認識の必要は最小限で済ませてくれよって
無意識に求めているから、ヒトは忘れるし見ないしあてがわない。
閉じられたら、不精を咎められて不愉快になる。(長嶋基準にしろとは言わんが)

どうでしょうか?

Posted by: tapioka | Tuesday, March 01, 2011 11:59

お久しぶりです。お元気で御活躍のこと、ブログも楽しく拝見させていただいております。

http://lleedd.com/blog/

このブログの作者が高校の同級生で、自動改札のデザインをやったデザイナーです。

疑問解消の役には立たないかもしれませんが、取りあえず宣伝ということで、一度見てくださいませんか。

Posted by: 名古屋のM | Tuesday, March 01, 2011 12:18

> 名古屋のMさん
ふーん、いろいろ顔が広いですね。ざっと拝見しました。さすがにデザイナーらしい、すっきりと綺麗なサイトですね(当たり前かw)。
ところで、facebook にも登録されてます? なんか、らしき人を見つけたんですけど。

Posted by: yama_eigh | Tuesday, March 01, 2011 14:42

はい、以前の会社の部下(女性)からお誘いを受けて、訳のわからぬまま登録しました。

それ以降、あまり使ってませんけど。

Posted by: 名古屋のM | Tuesday, March 01, 2011 15:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自動改札の怪:

« メモは愉し | Main | 断念 »