« 差別化欲求 | Main | 座学が好き »

Wednesday, January 26, 2011

間違った使い方?

【1月26日特記】 ひとつ前の記事に「Facebook では実際に知っている人としか『友達』にならない」と書いたばかりだが、「Facebook ナビ」のページにも、会ったことのない人とむやみに友達になるのは間違った使い方であると書いてあるのに気づいた。

では、僕がそれを知って我が意を得たりと思ったかと言えば、全く逆である。みんなの意志の力で何かを規制しようとするのは間違いだと思うのである。みんなの意志はそんなに同じ方向に働くはずがないのである。

それが仕様であるなら仕方がない。仕様とは例えば、Facebook では友達のリクエストを出してもそれが相手に受け入れられなければ相互に友達にはなれない、というのがそれである。

あるいは twitter で言えば、Mister_A が Ms_B に所謂 mension、つまり先頭に@を付けて名指しした呟きを送った場合、僕が Mister_A と Ms_B の両方をフォローしていなければその粒は読めない、というのが仕様である。

こういう仕様は言わば「企画意図」なり「運用上の哲学」なりを実現したものである。この仕様が嫌なユーザは初めからこのサービスに登録しないか、あるいは脱会するしかないのである。

もしも大勢のユーザから、この仕様はこういう風に変更してほしいという欲求が高まってくれば、サービス側が変更してくるかもしれない。ただ、一旦変更があったらあったで、今度は全員がその新しい仕様に従うしかないのである。それが仕様というものである。

ところが、この「Facebook ナビ」は、やろうと思えば簡単に、しかも誰に迷惑をかけることもなくできるのに、それは間違った考え方だからやめましょうと言っているのである。それはちょっとひどくはないか?

上の twitter の例で言えば、@つきの粒も誰にでも読める仕様にしておいて、「それは他人宛の呟きだから読まないようにしましょう」と言っているようなものである。

例えばこれが「他人を誹謗中傷するようなことは書かないでおきましょう」という、誰もが納得する、極めて基本的なエチケットの類であればそれも良かろう。しかし、知らない人と友達になるなというのは少し踏み込みすぎてはいないだろうか。

会ったこともない人であっても、双方が合意しているのであれば友達になっても構わないではないか? 一体誰に迷惑をかけるというのだろう? しかも、それを精神的な規制だけで縛ろうとしているのである。

これではまるで「足の短い男とは結婚してはいけません」と言っているようなものである。仮にそれが正しい主張であると本気で考えるのであれば、全ての女性に対して足の長さが何cm か以下の男性と結婚することを法律で禁じるしかない。

ユーザに対して、「これが我々のサービスの基本姿勢です」と、正々堂々打ち出すのであれば、それは仕様で縛ってもらうしかないのである。

仕様であれば皆が納得できる。あるいは諦めがつく。

例えば iPhone にはストラップをつける穴がない。これは仕様ではなく構造だが、同じことである。どうしてもストラップをつけたい人は iPhone を買わないか、ストラップをつけることを諦めるかしかない。

いや、あるいは、ストラップをつける穴が開いているカバーを買うという手もある。

スティーブ・ジョブズは iPhone は裸のまま使う主義らしく、カバーをつけることさえ猛烈に忌み嫌うらしい。しかし、ジョブズがいくら怒っても iPhone は、直接ストラップをつけられない構造にはなっていても、カバーをつけられないまでの構造にはなっていない。

だから、カバーをつけてストラップをつけるのはアリなのである。そして、もしも多くのユーザがストラップをつけたいという要求を出せば、ジョブズの代では恐らく無理だろうが、ひょっとするとトップが代替わりした時にはストラップの穴が取り付けられるかもしれない。

それが当たり前のあり方なのである。

「実名登録を推奨します」くらいであれば問題はない。あるいは実名で登録していないユーザのアカウントを主催者が削除するところまで徹底するのであれば、それも仕様のひとつと言えるのかもしれない。

しかし、知らない人と簡単に友達になれる構造を放置しておいて、それは間違った考え方なのでやめましょうと言うのは少しユーザをなめている気がする。

哲学は仕様に実現してほしい。

何故こんなことを思うかと言えば、これとは全く逆の話なのだが、日本人はとかくシステムの不備を運用で乗り切ろうとするから、そして往々にして運用で上手く乗り切ってしまうから、そして、そういうことに僕は少しうんざりしているからである。

不備があるのであればシステムを正すべきなのである。いくら器用だからと言って、あるいは時間がないからと言って、根本を正さずに巧くすり抜ければそれで良いというものではないと思うのである。

その裏返しが、この「Facebook ナビ」のルールであるような気がする。この書き様はいたずらに反感を買うだけではないだろうか?

構造(あるいは仕様)を伴わず、説得もせず、ただ「みんなでこれを守ろう」というのは間違いだと思うのである。

ただし、以上は僕が知らない人と友達になるということを意味してはいない。僕は知らない人とは友達にならない──これは僕個人が納得して自分に課している僕個人のルールである。他人に強要はおろか、勧める気さえない。

|

« 差別化欲求 | Main | 座学が好き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 間違った使い方?:

« 差別化欲求 | Main | 座学が好き »