« 間違った使い方? | Main | セミナー・レポート »

Friday, January 28, 2011

座学が好き

【1月28日特記】 この数年、僕は所謂「座学」が楽しくて仕方がない。

会社に入って最初の13年間は営業にいたので、僕は座学とは縁がなかった。もちろん、営業マンもスポンサーの宣伝部長の講演を聴きに行ったりすることもあるが、それは話を聞いて何かを学ぶために行くのではなく、「放送局の担当営業マンもちゃんと聴きに来てますよ」というプレゼンスを示すために行くのである。

会社で座学でもしていようものなら、間髪を入れずに先輩から言われたものである:

なんだ、お前、会社で席に座ってて番組が売れるのか?

そういうこともあって、僕は座学というものを自分から遠ざけるようになった。もっとも、その当時に、その当時の社会情勢なり営業慣習の中で、TVの営業マンに現世的利益をもたらす座学があったのかどうかは定かではないが。

ところが、数年前にインターネット関係のセクションに異動してきたら、みんなよく座学を積んでいるのである。そして、その座学が仕事に直結しているのである。

座学で学んだ知識でホームページを立ち上げ、プログラムの類を書き、ネットワークを構築し、不具合を調整し、仕事上のユーティリティを整え、ネット上での流行を知り、マーケティングを学び、セールス資料を作ってセールスに行く。――仕事の中で見事に座学が生きているのである。

ほえー、仕事に役立つ座学って、本当にあったのか!!!と僕は心の底から驚いた。いや、このセクションでは逆で、座学を怠るものは取り残されて行くのである。

そして、ネット社会が恐るべきスピードで進歩し拡大して行くうちに、まだまだ致命的ではないにしても、いつの間にかそれはTVの営業マンにも当てはまるようになってきたのではないかと思う。座学を怠る無学で不勉強な営業マンが、行く行くは会社を滅ぼしてしまうのではないかという気さえするのである。

ともかく座学を始めてみるべきである。なんか適当な新書版を買ってきて読む、ぐらいのことから始めれば良い。あるいはネットで検索して手軽に調べれば良い。それが身につくのである。いや、身につけておかなければいけないこと、身につけておけば有利なことがたくさんあるのである。

学べば学ぶほど、仕事は豊かに膨らんで行く。つるんとしていた「仕事」というものの表面から、触手やら触覚やら、いろんな突起が伸び始めるのである。

そんなことに気づいて以来、僕は座学が楽しくて仕方がない。

今日も午後から、佐藤尚之さん、須田和博さん、横山隆治さんらによるセミナーを受講する。

座学は役に立つから楽しい。

|

« 間違った使い方? | Main | セミナー・レポート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 座学が好き:

« 間違った使い方? | Main | セミナー・レポート »