« 無題 | Main | 1-Click で今すぐ買う »

Monday, January 31, 2011

「浴室乾燥」と「衣類乾燥」

【1月31日特記】 昔の家のお風呂ならいざ知らず、最近の浴室には大抵乾燥機能がついていて大助かりです。

ウチの場合は「換気」「暖房」「浴室乾燥」「衣類乾燥」の4つのボタンがついているんですが、お宅も多分似たり寄ったりですよね?

んで、この「浴室乾燥」と「衣類乾燥」の違いがよく分からない。

いや、目的の違いは解りますよ。読んで字の如く、「浴室乾燥」はカビ防止などの目的で入浴後の浴室の壁や天井を乾かすもの、「衣類乾燥」は浴室をランドリ乾燥室として使用するためのもの。

そりゃそれで良いのです。しかし、実際の乾燥のさせ方の違いがよく分からない。と言うか、換気口から熱風や冷風が出るだけで、ファンや羽根が動くわけでもなく、そういう単純な構造でどうやって機能の差を出しているのかが分かりません。

事実、洗濯物を干して「浴室乾燥」にしておいても洗濯物は却々乾かない。風呂上りに「衣類乾燥」にしておいたら何時間経っても浴室の床は濡れたまま。これ一体どうなってるの?

いや、確かに「浴室乾燥」だとちゃんと浴室が乾燥するし、「衣類乾燥」だとちゃんと衣類が乾燥するので文句はないのですが、どっちもそんなに差はないだろうと思って逆をやってみると(いや、わざわざやってはみません。間違ってやってしまった結果を見ると)、明らかな差があるのでびっくりするのです。

あれ、どうやって差を出しているのでしょう?

んで、時々本当に風呂上りに洗濯物を干したい時、どっちにしようか迷いますよね?
きっとお宅もそうだと思いますが、違うでしょうか?

|

« 無題 | Main | 1-Click で今すぐ買う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「浴室乾燥」と「衣類乾燥」:

« 無題 | Main | 1-Click で今すぐ買う »