« 映画『武士の家計簿』 | Main | コレクション、コレクター、コレクタビリティ »

Saturday, December 11, 2010

お願いしますよ、マイクロソフトさん

【12月11日特記】 今日はえらい目に遭った。PC のアプリケーションの世界では何が起こるか分かったもんではない──特に Microsoft の場合は、と付け加えると喜んでくれる読者もいるのだろうが(笑)

最初に、このブログにもう何度も書いていることを前提として整理しておくと、

  1. 僕はデータベースが作りたくて最初の PC を買った。初めて購入したアプリは MS Access であった。
  2. その Access で自分が鑑賞した映画のデータベースと住所録を作って、今日に至るまで使っている。
  3. で、それとは関係のない話だが、僕と妻は2005年の年末から年賀状をやめてクリスマス・カードに切り替えた。
  4. そのクリスマス・カードの宛名書きをコントロールしているのが、上記の Access による住所録なのである。

ほんでもって、今年もクリスマス・カードのシーズンである。例年通りデザインを2種類作って印刷し、続いてクエリで抽出された人ごとに表書きをレポートから印刷し始めた。

で、28枚印刷し終えたところでふと気がついたのである。

全てのハガキに宛名はあるものの住所が空欄なのである。なんということか!

なんでこんなことが起きるのかさっぱり解らない。去年は何の問題もなく印刷できた。そこから設計を変更したりしていない。なのにこんな訳の分からないことが起きるのである。

デザイン画面を開いてみると確かにいくつか設定が飛んでしまってる。なんじゃ、こりゃ? 仕方なく設定し直そうとするのだが、以前はどういう設計になっていたのか、どうもよく分からんのである。うむ、それこそが Access の特徴といえば特徴なのだが。

ともかく今からゆっくり大きく触ってるヒマはないのである。仕方なく、全然凝ってもいなければ工夫も感じられないけど、とりあえずまともに印刷はしてくれるという設計に変更。それに合わせるために少なくないデータをコピペして移動したりして曲がりなりにも復旧した。

で、印刷も終わったのだが、なんでこういうことが起こるのかは依然見当がつかないのである。

以前 Access のバージョンを上げたときに、旧バージョンで読み込めていたデータがちゃんと読み書きできなくなって、悪戦苦闘するよりも一から作り直したほうが早いと判断して作ったのが今のやつである。

その後、僕はバージョンを上げていない。では、何がどうなってこうなるのだ? Microsoft Update の予期せぬ影響?

まあ、なんであれ大雑把に言ってしまうとバグの類ではないか? 本当に PC の世界では何が起こるか分からない。

お願いしますよ、マイクロソフトさん。

|

« 映画『武士の家計簿』 | Main | コレクション、コレクター、コレクタビリティ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お願いしますよ、マイクロソフトさん:

« 映画『武士の家計簿』 | Main | コレクション、コレクター、コレクタビリティ »