« Evernote | Main | 『街場のメディア論』内田樹(書評) »

Tuesday, November 30, 2010

家でコピーができるなんて

【11月30日特記】 家で書類をスキャンしててふと思った: 家でスキャンできる日が来るなんて思ってもみなかったな、と。

いや、それどころか、家でコピーできる日が来るなんて夢にも思わなかった。
うん、そういう意味では家庭用コピーのほうがインパクトは強かった。

コピーは会社とか官公庁とか、あるいは専門の店舗とか、そういう特殊なところでしかできないものだった。今の若い人は逆に聞いて驚くのだろうが、大学の定期試験が近づくと、学生たちは友だちのノートを写すために、金を取ってコピー機を使わせてくれる専門店に並んだものだ。

1枚につき1円でも安い店を探して。多くは元々印刷会社であったりしたところだ。

やがてワープロが登場し、家庭用のプリンタが出まわる時代になったが、依然としてコピーは家で取れるものではなかった。僕らはもっぱらコンビニに出かけて、やっぱり1枚につき何円かを払ってコピー機を使った。

ワープロからパソコンの時代になり、家庭用のプリンタもどんどん高性能化、高機能化と小型化を進めた。それでもまだ僕は家でコピーが取れる時代が来るとは思わなかった。

と言うか、家でコピーを取る必要性が思い当たらなかったのである。コピーは会社で取るか、コンビニで取るかのどちらかだった。それで充分間に合っていた。

プリンタがどんどん進化してくると、ああ、家でスキャンができたら良いのになあと思った。そして、その時期になると、多分そういう時代が来るだろうという気はし始めていた。ただ、それでも家でコピーを取っている自分の姿は想像できなかった、と言うか、想像していなかった。

果たして家で印刷もスキャンもできる時代が来た。そして、いつの間にか、ついでみたいに、その汎用プリンタでコピーも取れるようになっていた。

そうなると、僕は家で(そんなにしょっちゅうではないが)コピーを取るようになった。恐らくコピーを取る頻度は昔とそんなに変わっていないのだろう。ただ、そのたびにコンビニまで走ったり、会社に書類を持って行ってこっそりコピーしたりしていたのが、家にいたままでできるようになったのである。

コピーを取る必要は、もちろん大昔にはそんなものあるはずがなかったが、僕らが生きているある時期から出現してきた。しかし、なにもそれを家でやる必要はなかった。そんなこと思ってもみなかった。

今、家庭用コピー機が(と言うか汎用プリンタが)出てきて、僕らは家で当たり前みたいにコピーするようになった。

技術の進歩やハードの出現が先にあり、それが生活を変えて行くことがあるという一例である。

世代によって異なるのかもしれないが、僕の場合はそうだ。それが僕の感じ方だ。

──家でコピーができるなんて。

|

« Evernote | Main | 『街場のメディア論』内田樹(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 家でコピーができるなんて:

« Evernote | Main | 『街場のメディア論』内田樹(書評) »