« ドラマW『なぜ君は絶望と闘えたのか』 | Main | よたび本を売る »

Monday, November 01, 2010

HD 交換の後日談

【11月1日特記】 10月23日に家の PC のハードディスクの交換をした。その顛末はその日付の記事に書いた通りである。交換した当初 NAS が認識されず少し焦ったが、問題はそれだけであった(そして、いろいろやっているうちにその唯一の問題も解消した)。

で、その後 PC は何ごともなく順調に動いていた。

しかし、ふと思ったのだが、こういう風にして簡単にハードディスクのクローンが作れるということは、つまり同じように簡単に OS やアプリをコピーした別の PC を作ることができるということだ。果たしてそれで良いのだろうか?

とは言え、作れるのはあくまで HD のコピーだけなので、CPU やら何やら全部買い揃えて来て組み立てないとコピーPC は作れない訳で、手間と効率を考えるとそんなこと誰もやらないのかもしれない。

それに、これができなくなるということは PC の丸ごとバックアップができなくなるということなので、そんなことになってしまうとそっちのほうが問題である。

などとつらつら考えていると、HD 交換から1週間経った昨日、突然また問題が発生した。

PC を立ち上げたら、Windows が「セキュリティに問題がある」と警告してきたのである。「そんなことはないだろう。ちゃんとウィルスバスター2011クラウドが動いてるはずだし」と思いながら確かめてみると、なんとこのウィルスバスターが OFF になっている。

「あれ、変だな」と思いながら ON にしようとすると、アラートが出て「これは4台目の PC だからダメだ」と言う。なんと賢いウィルス対策ソフトだ!

ウィルスバスターの利用者ならご存知だろうと思うが、このアプリケーションは1ライセンスで3台までの PC にインストールできるのである。我が家では既にこの3台分を使い切っていたのである。

そして、外側は全く同じであるのに、と言うか、内側もハードディスク以外は全く同じであるのに、ウィルスバスターは「これは別の機械である」と看破してきたのである。

うーむ、参った。ウィルスバスターは一体 PC の中のどこを読みに行っているのだろう? いずれにしても端倪すべからざる相手である。

で、前のほぼ倍の容量の HD に変わった以外は全く同じ機械を「4台目の PC」と判断するのが正しいことなのかどうなのかは置いといて、PC から取り除いたほうの HD は本体として使わない(10月24日の記事に書いたように外付けストーレージとして使うつもりである)ので、現実には別に何も困ることはない。

単に前の HD 時代の登録を消して、現状の機械を新たに登録すればそれで解決である。

しかし、それにしても

  1. とにかくまずウィルスバスターの賢さに驚いた
  2. とは言え、なんで1週間後なのかがよく分からない
  3. さらに、よくよく考えてみると、冷酷なやつである

というのは、「これは4台目の PCだ」からと言っていきなり勝手に OFF にしてしまうなんざぁ、まるで電気代を1ヶ月滞納したらいきなり電気止められた、みたいな話ではないか。

でも、まあ、少なくともウィルスバスターのクローン再生はできないということが明らかになった。

考えてみれば、PC を守るアプリケーションが自らをちゃんと守っているのは当然なのかもしれない。

|

« ドラマW『なぜ君は絶望と闘えたのか』 | Main | よたび本を売る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/49908515

Listed below are links to weblogs that reference HD 交換の後日談:

« ドラマW『なぜ君は絶望と闘えたのか』 | Main | よたび本を売る »