« 紙幣の向き | Main | 『若者よ、マルクスを読もう』内田樹×石川康宏(特記) »

Wednesday, September 08, 2010

Facebook 拡充中

【9月8日特記】 半ば自棄気味に、と言うと如何にも大げさだが(笑)、只今 Facebook 拡充中である。

「友達」の「知り合いかも?」に表示される知り合いに片っ端から「友達リクエスト」を送信しまくって、とうとう「知り合いかも?」欄から直接の知り合いがいなくなった。なんとなく爽快である(笑)。

今まではやや抑え気味にしていたのだが、そうするといつ Facebook を開いても同じ顔が出てきて「知り合いじゃねえのかよ」と脅されるのである。

「脅される」なんて思う必要ないではないか、と言われそうだが、一方これまでに実際に知り合いであることを認めて、リクエストを送って「友達」になった人もいるわけで、それを思うとここに表示されているのは何となく置き去りにしてる人たちで、それゆえ少し気になっていたのである。

で、まあ、ええいくそっ、でもないが、何となく急に気が変わって、今日一気に「友達リクエスト」を送信しまくってみたのである。

驚いたことに皆反応が早い。どんどんと承認されて返ってくるのにはちょいとびっくり。

で、じゃあ、今は「知り合いかも?」欄は知らない人ばかりかと言えば、実はまだ知ってる人が何人がいる。正確に言えば、twitter で見知ったアイコンがいくつかあるということだ。

twitter での知り合いで、実際に会ったことがある人には全員「友達リクエスト」を送ったので、ここに残っているのは、タイムライン上ではしばしば絡んでいるが、実際には会ったことのない人たちなのである。

僕が会社のキャラになって twitter をやっている関係で、そういう人たちは僕の本名さえ知らないわけで、さすがにそういう人たちにいきなり「友達リクエスト」を出すのは気が引けたのである。

逆に twitter で知り合った直接の知り合いたちは、この Facebook を通じて、僕についてのさらなる情報を得たことになる。ま、実際にはそんな細かいとこまで読まずに承認だけしてくれた人がほとんどだろうとは思うのだが。

日本でも今後実名社会化が進むのかどうかは知らないが、この程度の情報が渡るのはまいっかという感じである。

元々はそういうことに少し抵抗があって「友達リクエスト」を送りまくらずにいたのだが、少し自分の感じ方も変わってきたということであろう。そういうのが我ながら面白い。

なお、会社の同僚だけはずっと外したままである。これは多分今後もそのままのつもり。会社の人との繋がりはこれ以上もういいや、と思っている。

|

« 紙幣の向き | Main | 『若者よ、マルクスを読もう』内田樹×石川康宏(特記) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Facebook 拡充中:

« 紙幣の向き | Main | 『若者よ、マルクスを読もう』内田樹×石川康宏(特記) »