« NHK BShi 妖しき文豪怪談『後の日』 | Main | 個人としてのクラウド体験 »

Tuesday, August 31, 2010

テレビマンユニオンニュース No.611

【8月31日追記】 一昨日の記事に「ドキュメンタリ部分もテレビマンユニオンの制作であった」という訂正を入れたのだが、これは「テレビマンユニオンニュース July 31 2010 No.611」で確認したもの。

この隔月刊の「会報」(?)については以前記事にしたこともあった。これさえ早く読んでさえいれば今回の BShi の「妖しき文豪怪談」を4話とも見逃さずに済んだのかと思うと少し無念。

ただ、前にも書いた通り、この「テレビマンユニオンニュース」を読み切るには少しくパワーが必要なのである。

このところいろいろあってそのパワーがなかった。なかったので読めず、見逃してしまった。まあ、これもなんか逆の意味での「縁」のような気がする。

僕らは全ての出版物を読み、全ての映像作品を見、全ての音楽を聴く暇はない。

たまたま巡り合ったものだけで、(大袈裟な言い方だが)勝負するしかないような気がする。自分で選んだ作品と自分が選ばれた作品の合わせ技で、自分という人間ができて行く気がする。

このテレビマンユニオンニュースは、よくそういうことの橋渡しをしてくれるのである。引き続き読んで行きたい。

|

« NHK BShi 妖しき文豪怪談『後の日』 | Main | 個人としてのクラウド体験 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/49305504

Listed below are links to weblogs that reference テレビマンユニオンニュース No.611:

« NHK BShi 妖しき文豪怪談『後の日』 | Main | 個人としてのクラウド体験 »