« イヤフォンの穴 | Main | 『ゲゲゲ展』に思う »

Tuesday, August 24, 2010

Facebook に関する小さな考察、と言うか感想

【8月24日特記】 自分で Facebook を始めてみて分かったこと:

登録はしてみたものの、何だかよく解らなくて結局のところ放ってある人が少なくないということ。

しかし、まあ、考えてみたらそんな人はいろんなところにいる:

Twitter のアカウントは取得してみたものの一言も呟かないままの人。ブログを書き始めたものの、ある時点でピタッと止まったまま更新してない人──。

ただ、Facebook が他と違うのは、放置しておいても誰かに見つけられてしまうということ。この辺が Facebook の怖くて面白いところだろう。

人にもよるが、見つけられると辞めにくいもんで、ひょっとするとそれが急に活発に書き始めるきっかけになったりもする。

これが Facebook の構造的なパワーだろう。

Twitter には Twitter の、ブログにはブログの構造的な強みがある。構造的な強さを発揮できるものだけが、きっと時代の寵児になるのだろう。

|

« イヤフォンの穴 | Main | 『ゲゲゲ展』に思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/49236927

Listed below are links to weblogs that reference Facebook に関する小さな考察、と言うか感想:

« イヤフォンの穴 | Main | 『ゲゲゲ展』に思う »