« 映画館へ行こう | Main | 仕事の始まり »

Wednesday, July 28, 2010

続・無機能電話機と多機能機

【7月28日特記】 一昨日、ケータイには iPhone の「機内モード」のような機能がないという記事を書いたらコメントが付いた。

曰く、「docomo の携帯電話にも、セルフモードという『すべての通話やメールが使用できないように設定する機能』があります」云々。

ええ、だから、本文中にも「3キャリアの携帯電話にもそろそろこの機能が付き始める」と書いた通り、その動きについては知ってますって。もしかしたら、あなたは docomo の社員ですか(笑)、などと思いながら、念のために確かめてみると、なんと僕の docomo ケータイにも既にその機能が備わっているではないか!

全然知りませんでした。これはこれは大変失礼いたしました。m(_ _)m

しかし、問題はその機能設定画面がものすごく深い階層にあって見つけるのにひと苦労するということ。マナーモードみたいに1タッチで設定できるようにしてほしいとまでは言わなくても、もう少し分かりやすいところに置いてもらわないと、これでは常時使う人はほとんどいないだろう。

こういうところに、(一昨日も同じようなことを書いたけど)「ま、本当はこんなもん必要ないんだが、一部の物好きのために、一応こういう機能も作って入れといたから」みたいな哲学が透けて見えるのである。

今度、機内でセルフモードにして写真撮りまくってみようかな。多分乗客からは白い目で見られ、乗務員からは咎められるだろう。だって、誰も知らないもんね。

せっかく作った良い機能を広める気はないんですかね、docomo さん。

何がユーザに取ってプライオリティが高いのかを見誤ると、やっぱり Apple に負けることになるような気がしてならないのである。ユーザの目線でモノづくりを進めるのであれば、電話がいつまでも電話であり続ける必要さえないのかもしれない。

|

« 映画館へ行こう | Main | 仕事の始まり »

Comments

機内って電子機器全般がダメなのかと思ってました(離発着のときだけだと思うけど)。
というのも、デジカメ、電子辞書などを使っていて怒られたことがあるんです。
iPhoneは機内モードだと大丈夫なんですか?

Posted by: maiki | Thursday, July 29, 2010 at 14:19

> maiki さん

離着陸の時は多分ダメでしょうね。「全ての電子機器の電源をお切りください」とか、確かそんな風に書いてあったような気がします。
じゃあ、iPhone は離着陸時も機内モードにしておけば電源を切らなくても良いのかと言うと、なるほど、現況ではどうなんでしょ?
僕の解釈では、離着陸時であっても、機内モードになっていて、使ってさえいなければ、電源が入っていても文句を言われる筋合いはないと思うのですが…。
でないと機内モードという機能が意味のないものになってしまいますしね…。
それに加えて、あのルール自体が本当に必要なのか?と言っている人もいます。米国で飛行機に乗っても一切そんなアナウンスは入らないし、わざわざ電源を切っている乗客も見たことがない、という証言もあります。
まあ伝聞なので定かではありませんが…。
いずれにしても、機器側の対応がルールを変えて行くのではないかと思っています。

【7月30日追記】 航空関係者に訊いたところ、iPhone も離陸・着陸時には電源を切らなければならないのだそうです。

Posted by: yama_eigh | Thursday, July 29, 2010 at 20:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/48995234

Listed below are links to weblogs that reference 続・無機能電話機と多機能機:

« 映画館へ行こう | Main | 仕事の始まり »