« 続・無機能電話機と多機能機 | Main | 恐ろしい白髪染め »

Friday, July 30, 2010

仕事の始まり

【7月30日更新】 「私は正しいことを言っているのに上司が理解してくれない」みたいな相談を受けた。時々受ける相談だ。

しかし、サラリーマンは正しいことを言ってるかどうかで評価されるのではなく、正しく人を動かせているかどうかで評価されるのである──みたいな返しをしてみる。

「え、でもでも」と君は何を措いてもまず自分が正しいことを言っているということを僕に認めてもらおうとする。それがなければスタートできないみたいに。それがまるでゴールみたいに。

だが、それがどちらであったとしても、喩えて言うなら風下から走るか風上から走るか、平坦なコースを走るか上り坂を走るかという程度の差しかない。「それって大きな差じゃないですか!」と君は言うだろう。うん、確かに大きな差だ。しかし、それは走りださない理由にはならない。

君がサラリーマンとして評価されるときに、正しいことを言っているかどうかはそれほど大きなポイントにはなっていない。君はまだキャリアが浅いのだから、少しくらい間違った判断をしていても許されるのである。逆に正しい判断をしていても、いまのところは小数点以下のポイントしか稼げない。

判断の正しさを問われるのは君の上司である。それが部下の判断をそのまま採ったものであれ、自分の意見で部下の判断を覆したのであれ、責任を問われるのは常に君の上司である。

では、君の一番大きな仕事は何か? それは、君の上司にとっても同じなのだが、人を動かすことである。平社員であれ管理職であれ、人を動かすのが人の仕事なのである。

相手がどういう人なのか、今がどういう状況なのか、その他にもいろんな事情によって、人を動かすにはどうすれば良いのかは変わってくる。常に正しい答えなんかない。そんな中で最適解をみつけて人を動かして行くのがサラリーマン道なのである。いや、サラリーマンだけじゃなくて仕事道なのかもしれない。

いずれにしても、縁あってこの会社の正社員になったのだから、それにふさわしい仕事をしてほしい。つまり、アルバイトにもコンピュータにもできない仕事を。

マニュアルやプログラミングの通りにやるだけであれば、アルバイトにもコンピュータにもできる。正しいか誤っているかの判断をしろと言えば、アルバイトだってコンピュータだって答えは出してくる(キャリアが浅いのだから少々間違っていても仕方がないなどと優しい言葉をかけてもらえるのであれば、アルバイトだって気楽に答えを出すだろう)。

アルバイトやコンピュータにできない仕事は、自分よりも遥かにキャリアの豊富な上司や、性格の歪んでしまった同僚や、何を考えているかさっぱりわからない部下を、とりあえず自分の思う方に動かして行くことである。

しかし、その君が動かそうとしている上司や同僚や部下も逆に君を動かしにかかるとしたら、お互いにそんなことしてどうなるのか?──と君は不安に思うかもしれない。ま、そこが面白いところである。

君が正しいことを言っているのに理解してくれない上司を動かすにはどんな手を使えば良いのか、もしもどうしても君が正しいと思う方向に100%導けない場合は次善の策としてどこに落とし込むことを考えるべきか、そんなことを思い巡らしてみるが良い。

君のことを理解してくれない上司がいるから仕事が始まらないのではない。君のことを理解してくれない上司がいるから仕事が始まるのである。

|

« 続・無機能電話機と多機能機 | Main | 恐ろしい白髪染め »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 仕事の始まり:

« 続・無機能電話機と多機能機 | Main | 恐ろしい白髪染め »