« 『算数宇宙の冒険』川端裕人(書評) | Main | ドラマW『第三のミス まず石を投げよ』 »

Friday, July 02, 2010

今日の BGM#44

【7月2日特記】 さて、今日も2回分。

  1. ふりむかないで(ザ・ピーナッツ)
  2. 湊町レヴュー(MOONRIDERS)
  3. The Perfect Vision (MINMI)
  4. 聖☆おじさん(スチャダラパー×電気グルーヴ)
  5. 帰って来いよ(松村和子)
  6. 哀愁列車(ミスゴブリン)
  7. How Do I Survive(Superfly)
  8. GOOD MORNING-CALL(小泉今日子)

今回は結構時代が散った。

1)はご存知ザ・ピーナッツのデビュー曲。大して凝った曲ではないが、これぞポップス。で、カバーだと言われると容易に信じてしまいそうだが、これは宮川泰のオリジナルである。まさに「和製ポップス」の走りであり、傑作でもある。

2)は MOONRIDERS のデビューアルバムに収められていた古い曲。ほとんど忘れ去られてしまったような曲だが、今聴き直すとなかなか風情がある。作曲は椎名和夫──今や権利団体の論客というイメージしかないが、そう、この人が白井良明の前のギタリストだったのである。

3)は僕の大好きな曲。一度カラオケで歌ってみたいが、聴きながら一緒に口ずさむことさえできない。何度聞いても「 get up and dance 見渡してみて」が「酔っ払って見渡してみて」に聞こえる。

4)はスチャダラパーと電気グルーヴのコラボ・アルバムに収められていた曲だが、(Who You Gonna Call?) Ghost Basters を踏まえていて面白い。♪誰を呼ぶ セイントおじさん

5)は古い歌謡曲。1980年。和洋折衷の中途半端な衣装で、ロングヘアに津軽三味線。同様に印象の強い曲だった。

6)はもっと古い三橋美智也のヒット曲だが、これはミスゴブリンによるカバー。これも面白い。

7)は Superfly の威力爆発の60年代後半っぽい曲。これも良いよねえ。

最後に8)は、ああ、キョンキョンにこんな曲あったなあ、という感じ。小室哲哉である。

これだけバラバラなものを続けて聴くと非常に面白い。

|

« 『算数宇宙の冒険』川端裕人(書評) | Main | ドラマW『第三のミス まず石を投げよ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/48778139

Listed below are links to weblogs that reference 今日の BGM#44:

« 『算数宇宙の冒険』川端裕人(書評) | Main | ドラマW『第三のミス まず石を投げよ』 »