« 川の畔、山の中 | Main | ヘア・ドライヤの冷風は何のためにあるか? »

Monday, June 21, 2010

夏至に思う

【6月21日特記】 今日は夏至だそうである。

ということは、明日から次第に日が短くなって行く。そう思うと悲しい気分になる。

若い頃はそんなこと全く考えなかったが、ここ数年、どんどん日が長くなって行く季節は好きだが、どんどん日が短くなって行く季節に入ると何だか悲しくなる。

それは僕が、寿命という面から考えれば、明らかに人生のピークを過ぎて下り坂に入っている、ということと何か関係があるのだろうか? よく解らない。

日は次第に短くなる。しかし、冬至を過ぎると再び日が伸び始める。単なる繰り返しである。それが解っていながら、日が短くなってくると何だか悲しくなる。

人生は(というのは、ここでは体力とか脳力の話だが)夏至を過ぎるともう登り坂に戻ることはない。それが解っているのに、日の長さに喩えたくなる。妙なものである。

|

« 川の畔、山の中 | Main | ヘア・ドライヤの冷風は何のためにあるか? »

Comments

その昔、ゆく夏を惜しむ女の子が泣く、ということがどうしても理解できなかった。それが、20年ほど前、つまり私が不惑を迎えるころ、信州のとある村で夏の夕方、ほーとしているうちに泣いている自分に出会った。一瞬焦ったが、本当に悲しかった。なにが悲しかったのか、なぜ泣いたのかは未だによく解らない。
いまや、泣いた自分が懐かしいと思うぐらい、歳をとってしまった。悲しくなるのも若い証拠、かもしれない。

Posted by: hikomal | Tuesday, June 22, 2010 17:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夏至に思う:

« 川の畔、山の中 | Main | ヘア・ドライヤの冷風は何のためにあるか? »