« 6/19 サイト更新情報 | Main | 夏至に思う »

Sunday, June 20, 2010

川の畔、山の中

【6月20日更新】 考えてみれば結婚以来ずっと川の近くに住んでいる。まあ、広い意味で言うと有史以来人間は大体川の近くに住んできたのかもしれないが。

で、川の近くには野鳥がいる。森が近ければなおさら野鳥がいる。今住んでいるところは川も森も近いので野鳥の声が絶えない。

しかし、野鳥のさえずりだけ聞いて、それが何の鳥か当てるのは難しい。もちろん、スズメとかカラスなど一部の鳥は別として。

野鳥図鑑の類はいろいろ使ってきた。日本野鳥の会が出している奴──声を聞くための scan talk reader も持っている。

今は iPhone に「日本の野鳥鳴き声図鑑」というのを入れているが、耳で聞いて、それと同じ音をアプリで探して鳥を特定するのは却々難しいものである。

でも、辛抱強く調べていると、我が家の近所にも意外に多くの種類の野鳥がいるのが分かる。

以下は、ウチの近所のにいると思われる野鳥。近所と言っても少し歩いて山の中や川の畔まで行って初めて声が聞ける鳥も含んでいるが。

ウグイス、エゾムシクイ、オオルリ、キビタキ、クロツグミ、コサギ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、スズメ、セグロセキレイ、ツバメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、ホオジロ、ホトトギス、ミヤマガラス、ムクドリ、メジロ、モズ…

とりわけメジロの歌声が美しい。姿も確認できる。眼が白いのではなく眼の周りが白い鳥である。

嘴と足がオレンジ色のムクドリも見つけやすい鳥だ。

鳴き声が独特で判りやすいのはホトトギス。トッキョキョカキョクあるいはテッペンカケタカと擬せられる。

耳を澄ましていると心も澄んで行くような気さえしてくる。できればずっと川の近くに住みたい。

|

« 6/19 サイト更新情報 | Main | 夏至に思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/48678204

Listed below are links to weblogs that reference 川の畔、山の中:

« 6/19 サイト更新情報 | Main | 夏至に思う »