« 『私の家では何も起こらない』恩田陸(書評) | Main | プリンタ »

Sunday, June 13, 2010

今日の BGM#43

【6月13日特記】 久しぶりに掲載──ステッパ踏みながらウォークマンで聴いたランダム再生のログ。今回も2回分。

  1. ヨイトマケの唄(美輪明宏)
  2. 追憶(沢田研二)
  3. いいじゃない(渡辺美奈代)
  4. 風になりたい(我那覇美奈)
  5. 鎮静剤(和幸)
  6. どうにかなるさ(かまやつひろし)
  7. 八月の濡れた砂(石川セリ)
  8. 雲にのりたい(黛ジュン)

たまたまではあるが、今回はかなり古い曲ばかり。

1)は美輪明宏の大ヒット。多分今の若い人は彼(彼女?)が歌手であることを知らないのではないか。母ちゃんが土方をやってる貧乏な家に生まれた息子、という存在は昔は珍しくなかったかもしれないが、それを歌のテーマにしたのはあの時代であっても珍しかったはず。ケレン味たっぷりの美輪の歌が心に響く。

2)は言うまでもなくジュリーの初期のヒット。好きだったなあ、この転調。

3)は渡辺美奈代のレパートリーの中で何曲かある渚十吾・鈴木慶一コンビによるもの。ポップスの教科書だね。

4)は吉田拓郎が作った川村ゆうこのデビュー曲を我那覇美奈がカバーしたもの。どっちも却々良いと思う。

5)は加藤和彦と坂崎幸之助によるデュオ「和幸」によるものだが、実はこのマリー・ローランサンの詩(堀口大學・訳)にメロディをつけるという試みは、40年近く前に加川良が一度やっている。当然和幸の2人もそれを意識したはずだが、意識した結果がこういう曲なのか、と驚かされる。

フランス現代詩とも日本の四畳半フォークとも遥かにイメージのかけ離れたフォルクローレ調。見事に中南米の悲しい女の鎮静剤になっている。

6)はもう完全に忘れられかけている曲で、かまやつひろしのレパートリーに絞って考えても決して上位に出てこない作品だ。しかし、改めて聴くとこれはとても良い。日本におけるカントリーの大傑作ではないだろうか。

7)は井上陽水の妻であり、依布サラサの母である石川セリのデビュー曲。この人の中音域の何とも言えず甘くて太い響きが好きだ。この声質は他では決して得られない。

8)これも古い曲。何度も聞き比べていると、黛ジュンのヒットの中では結局これが一番の名作だと思う。昔よくあった、多重録音でコーラスも本人が歌うアレンジ。

古い曲ばかりだけど、非常に良い曲ばかりが揃った。

|

« 『私の家では何も起こらない』恩田陸(書評) | Main | プリンタ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/48619962

Listed below are links to weblogs that reference 今日の BGM#43:

« 『私の家では何も起こらない』恩田陸(書評) | Main | プリンタ »