« 映画『鉄男 THE BULLET MAN』 | Main | 後悔先にありき »

Sunday, May 30, 2010

twitter を考え続けるための備忘録

【5月30日特記】 昨日からちょっと twitter 上で言い争いみたいなことをやってしまい、反省しきりである。その後 DM も含めていろいろなやり取りがあり、まあ、一応収束したと言って良いとは思うのだが…。

そもそも僕の理解が至らなかった、というか、想像力が不足していたと言うか、ま、僕が悪かった点が多かったので、反省すべきは反省し、考えを改めるべきは改めたのであるが、ひとつだけしっくり来ないものが残った。

それは RT によって「晒される」という感覚だ。僕はこの感覚がどうしても理解できない。

Web 上に何かを書いた時点でそれは既に晒されている、あるいは、(洒落でも何でもなくて)将来晒されるという危険に晒されている、ということではないだろうか。

Web で何かを公開するということは、晒される覚悟ができたという意思表明だと僕は理解していたのだが、残念ながらこれは極めて少数派の認識だったようなのである。

それからもうひとつ、僕はコンテクストを明らかにするために結構 RT を多用してきたのだが、この「コンテクストを明らかにする」ということに対して、他の方々はそんなにプライオリティを置いていないのだな、と初めて気づいた。面目ない次第である。

僕は、読んでいる人に対して、余計なクリックをさせることなく、粒の中で、どの粒を承けての発言かというコンテクストを明確にすることに、言わば心血を注いできた、とまで言うと大げさだが、かなりの重きを置いてきた。しかし、みんなはそんなことにあまり意味を感じないのか、ということに初めて気づいた。

こっちのほうは、ともかく気づいたので、僕もこれからは「文脈を明らかにするための RT は控え目にする」という方針に転換して行こうと思う。ただ、その裏側にある「RT されることによって晒される」という感覚には、どうにもこうにも共感を得られないのである。

もちろん、僕とて何も考えずに何でもかんでも無差別に RT しているわけではない。当然、「これは RT しないほうが良い」と思った粒は RT しない。「これは RT してもさしつかえない」と思ったものは RT する。

ただ、その感覚は RT するほうとされるほうで一致するとは限らない、と言うか、完全に一致するはずがないのである。感覚の違う人があまりしてほしくない RT をすることがきっとある。あるいは、完全に悪意を持って RT する人もいるだろう。

どうしてそういうことが起こるのかというと、それは twitter 自体がオープンで自由な設計になっていて、誰でも何でも RT できる構造になっているからである。そして、そういうオープンで自由な構造こそがtwitter の売りなのである。

だから、そこで呟くということは、そういうオープンな空間に出て行くということなのである。誰に RT されるか解ったもんじゃない。もちろん、善意に満ちたユーザ同士なら相手の嫌がる RT は控えようという意識が働く。それはもちろん僕にだってある。

だけど、前述したように、その感覚には個人差があるのである。例えば、「無断 RT 禁止」なんてことを謳っているユーザがいるように。

もし、無断 RT 禁止を謳うユーザを、「twitter の仕組みを理解していない」と嗤うのであれば、「私が望まない RT はしないで」というユーザとどこに違いがあるのか? 後者のほうが境界線が不分明なだけ厄介なのではないかなあ。それを考えると明日からどうすれば良いのか解らなくなってきた。

システマティックでないものは必ず破綻する。それを最初から運用で乗り切ろうとするのは間違った考え方であると思う。

今考えるべきは、システムとして twitter に瑕疵があるかどうかだと思う。もし、システムに問題があるなら、システムを改変すべきである。

でも、twitter というのはかなりよくできたシステムではないか? この自由さが良いのではないか? ならば、基本的に RT は不可避的になされる可能性があるものだと割り切ったほうが良くはないか?

──と僕は思うのだが、どうやらあまりこの考えは支持されないようだ。そのことも昨日初めて身に染みて分かった。

僕だってあんまり望んでいない RT をされて「あちゃー」と思うことはある。しかし、それは RT されたら困ることを書いてしまった自分に 100%の責任があると観念している。だから、twitter は怖くて仕方がない。だが、その怖さの中でちゃんと楽しんで行けると思っている。

CGM/UGC の最たるものとしての twitter に登場するということは、一介のユーザ/読者の立場からクリエイタ/ライターの立場にコペルニクス的に転ずるということなのではないかと僕は思う。評論・批判・誹謗・中傷の海に乗り出すということなのではないだろうか。そういう心構えなしに荒海に漕ぎ出して大丈夫だろうか。

そういう人をみんなの配慮だけで守って行くのは無理があるのではないだろうか? 運用で乗り越えようとすると分かりにくくなってしまわないか?

「気楽に始められること」が twitter の魅力と言われている中で、逆にそういう心構えを求めるのは酷だろうか? もちろん、いきなり言われてもハードルの高い人はいるだろうから、言い方や言うタイミング等は考える必要がある(今回僕はそこを誤ったためにトラブルを引き起こしてしまった)。

しかし、Web に参加する限りは本当はそういうことを解っておいてほしいし、いつまでも解らないまま参加していると本人だって怪我をするだろうし、Web の自由さも台無しになってしまうと思う。

Web に書くって、実はめちゃくちゃ怖いことで、それは仕方がないと思うのである。

いや、「だから俺は今後も好き勝手に RT させてもらうぞ」という宣言をしているのではない。「俺は間違ってないぞ」と吠えているのでもない。むしろ配慮が足りなかったと反省している。自分と正反対の価値観で動いている人がいるのだということをしっかり頭に叩き込んで行かなければ、と改めて感じている。

そして、分かりやすく書くと、RT は今までより慎重に考えて少し自粛気味にしようと思う(共感が持てなければそういう風にするのが精一杯である)。

この文章も僕の結論として書いたのではない。今後も考え続けて行くための備忘録として書いた。だから、ここから考え方は変わって行くだろう。いや、発展させなければならない。

オライリーの言うように、僕らは永遠のベータ版であるべきなのだ。──そのことだけはみんなで共有できれば良いのだが、と思う。

|

« 映画『鉄男 THE BULLET MAN』 | Main | 後悔先にありき »

Comments

RTは基本的に大好きです。
おもしろい人に出会えたり、ウィットに富んだやりとりは見ていて楽しませてもらってる気分になりますから。
ただ、ネガティブなやりとりをRTで展開されてしまうと、(フォロワーとして)見ていていい気分はしないので、苦手と言わざるをえませんねー。ハラハラするし、心が萎縮してしまいます。自分に向けられたとしたら、やっぱりギクッとするでしょう(そんなつもりではなかったとしたら特に)。
でもそれはいけない、やめて欲しいということではなく、好みの問題であり、そういう体質の人はフォローしなければいい(または話し掛けないとか?)だけの話なので、そんなに気に病むことではないのでは。

とにかく「こうして欲しい」というコントロールの似合わない(というか不可能な、またはナンセンスな)メディアだと思います。
@でもRTでも、飛ばす側の自由だし、決まったルールがあるわけでもないなので、どんな方法で飛んできても受け入れるしかないですよね。そこに注文つけるのは違うかなーと思います。
(もし注文を受けて自分の好むものではなかったらフォローをはずせば解決ですけどね)

あと、RTの方が明確とか、@は一目瞭然ではないなどと言及している部分は、どっちでもいいじゃん!と言いたいかな。両方とも便利ですよ。
@だと、いくつものやりとりがすべてチャット状態で展開されるので、変に短縮されて意味が違ってきてしまうよりいい場合がありますし、RTだと、会話の全貌がたどれないので不便なこともあります(もちろんRTじゃないと効果を発揮しないものもあり)。
いずれにしても、レスする人の好みとセンスなので、従うのみです。

とにかくツイッタ―をこう使うべき、こうじゃないの? みたいなのは苦手ですー。

長々と失礼いたしました。
ゆるく楽しんで使っている人のを見るのがいちばんいいですね!

Posted by: | Monday, May 31, 2010 02:01

> 名無しさんへ

そうですね。素敵なコメントをありがとう。僕はやっぱりどう使うべきか考えちゃいますけどねw

Posted by: yama_eigh | Monday, May 31, 2010 09:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference twitter を考え続けるための備忘録:

« 映画『鉄男 THE BULLET MAN』 | Main | 後悔先にありき »