« 映画『ソラニン』 | Main | 人間ドック考(2010年度版) »

Saturday, April 24, 2010

マナーの悪い観客に思う

【4月24日特記】 マナーの悪い人というのは、まあ、どこにでもいるものである。ただ、いっぺんにたくさんの人を見ることは少ない。

ところが先日映画『アリス・イン・ワンダーランド』を見に行ったときに、これでもかこれでもかと言わんばかりに、次から次へとマナーの悪い観客が現れて辟易した、と言うよりも、正直びっくりしてしまった。

まず、劇場に来るのが遅い。予告編が始まってから入ってくる観客続出である。

それから、いつまでもぺちゃくちゃ大きな声で喋っている観客がそこかしこに。

そして、照明が消えているのに携帯電話を開く客が隣に。

一体これはどうなっているんだろう? これだけいっぺんにマナーの悪い客に遭うとは。これは理解を超えた現象だ。

──と初めは思ったのだが、考えてみればそうでもないのかもしれない。

マナーの悪い観客は、もちろん彼らの性格が歪んでいるという場合もあるかもしれないが、大方はそうではなく、単に映画館に行きつけていないためにマナーを知らないだけなのである。

だから、開始時間を過ぎてから他人をかき分けて席にたどり着き、本編が始まるまではお喋りしても良いのだと勝手に理解し、音さえ出さなければ携帯を開いても良いと思い込んでいるのである。

つまり、彼らは映画館に慣れていない人たちなのである。

そして、こういうマナーを知らない人たちが来ているということは、つまり、映画が大ヒットしてるという証拠なのだと気がついた。

何にでもそういう側面はあると思う。マナーの悪い客が増えてきたとき、とりあえずそれは喜ぶべき事象なのかもしれない。そして、その次に、彼らにどうやってマナーを憶えてもらうかを考えるべきなのかもしれない。

|

« 映画『ソラニン』 | Main | 人間ドック考(2010年度版) »

Comments

( 初めまして)。
同感です。
何回か映画館のスタッフを通じて注意してもらったのですが最近はもうあきらめてます。
映画館側もある程度わかっているようです。
近頃は日曜の夜とかに観るようになりました。
客が少なくて快適です・・・

Posted by: kani | Monday, April 26, 2010 at 11:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/48172744

Listed below are links to weblogs that reference マナーの悪い観客に思う:

« 映画『ソラニン』 | Main | 人間ドック考(2010年度版) »