« 『カデナ』池澤夏樹(書評) | Main | 映画『ゴールデンスランバー』 »

Thursday, January 28, 2010

iPad の是非

【1月28日特記】 今日の未明、apple が iPad を発表した。僕はほしいと思った。特に旅行用に。

たまたま今、出張時に持っていっている PC が(このブランドは IBM 時代のもので今はもうないのだが)同じく pad の名を冠した thinkpad で、これがあまりにも重くて無粋だから、プライベートの旅行の時も含めて、これの代わりにあんな洗練されたものを持って行ければ良いなあと思った。

一方で、拒否感を覚えたり、貶したりしている人たちもいる。

  • iPhone と同様、やはり Flash には対応していないとか、相変わらずシングル・タスクであるとか。
  • でかすぎるとか、薄すぎてすぐにぶっ壊れそうだとか。
  • iPhone との互換性が高いのは良いが、似通いすぎているので両方を持つ意味が全くないとか。
  • なんでカメラつけなかったのかとか、フリック入力をやめてしまったのかとか。

でも、一番驚いたのは、そのネーミングに対するブーイングである(これはもちろんアメリカ本土でのことであるが)。

pad にはなんと生理用ナプキンという意味があるとのこと。で、「もし開発したのが女性のエンジニアだったら絶対こんな名前はつけなかった」というクレームがあるのだそうである。

それで、今日 twitter で知ったのだが、こんな mad なものまで出てきた。

でも、thinkpad の時はこんな風に茶化されたりしなかったんだろうか?

|

« 『カデナ』池澤夏樹(書評) | Main | 映画『ゴールデンスランバー』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference iPad の是非:

« 『カデナ』池澤夏樹(書評) | Main | 映画『ゴールデンスランバー』 »