« 弱さの淵源 | Main | 『宵山万華鏡』森見登美彦(書評) »

Thursday, October 15, 2009

twitter 日記

【10月15日特記】 このところ twitter のことをよく書いていますが、目下のところ僕が一番熱中しているものかもしれません。

なんと言っても面白いのはこの同時性/速報性です。そういう意味ではチャットに近いですね。

ただし、チャットは基本的に知ってる人とやるものですが、ついったはそうでもありません。もちろん、ついったでも知り合いに対してしかつぶやかないという設定を選ぶこともできない訳ではないですが、本質的についったは知らない人とどんどん繋がって行くためのツールであると言えます。

チャットの場合でも、例えば Skype を立ち上げたままにしていると、たまに「少しお話しませんか」などというお誘いを、英語で、見知らぬ中国人から受けたりすることがあります。そういう時の薄気味悪さってあるじゃないですか。

ついったにおいても知らない人が@を送ってきたりする訳ですが、それがどんな人なのかはプロフィールを見さえすれば、その人のつぶやきの全履歴が明らかになる訳で、それを読んでもまだ薄気味悪いなと思うのなら無視するなりブロックするなりすれば良い訳です。

ついったをやったことない人がそういう風に聞くと「へえ、マイナス面を回避できるのか」という程度の印象を持つのかもしれませんが、実際やってみるとマイナス面なんてほとんど感じることはなく、ポジティブにどんどん人が繋がって行くのが面白くて仕方がありません。

それを楽しむためのクライアントも次々にいろんなものが出てきて、まず iPhone で読んでいる人が相当多いようですが、もちろん一般的な PC 用のブラウザで読み書きすることもできますし、ブラウザに対するアドオン/プラグインもいろんなものがあります。

それから PC にインストールする独立型のクライアントもあります。さらに今日発表されたところによると、とうとう携帯サイトからもできるようになる(もう、なった?)ようです。

そんな中で僕がいろいろ見て試して気に入ったのは、pbtweetSeesmic です。

残念ながら iPhone は持っていないので、会社と家で Google Chrome + pbtweet という組合せや Firefox + Seesmic/web という組合せで楽しんだり、Seesmic Desktop をインストールしたりして楽しんでいます。

うん、とても便利です。とても楽しいです。

こればっかりはやってみないと、そして、やってみてフォロー/被フォローの数がかなりになって来ないと面白さは解ってもらえないでしょうね。是非やってみてください。

|

« 弱さの淵源 | Main | 『宵山万華鏡』森見登美彦(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/46494387

Listed below are links to weblogs that reference twitter 日記:

« 弱さの淵源 | Main | 『宵山万華鏡』森見登美彦(書評) »