« 映画『空気人形』 | Main | 『元素生活』寄藤文平(書評) »

Monday, October 05, 2009

そろそろそういう時期

【10月5日更新】 10月に入ったということは、当たり前だが今年に入ってすでに9ヶ月が過ぎたということであり、つまりは2009年も4分の3を終えたということだ。

4分の3というのはなかなか微妙な位置である。なんせ「全部終わった」と「半分終わった」のちょうど中間点なんだから──これも当たり前か。しかし、なんとなく微妙に感慨深いものがある。

で、そんなことを考えていると突然思い出したことがある。

今年のお正月は東京で迎えたのだが、初詣で訪れた麻布の氷川神社に絵馬がいっぱい掛けてあるところがあり、その中にこんなことを書いたものがあった。

優しくて、そこそこ可愛い彼女ができますように

ちょっと謙虚で微笑ましいではないか。

あれから9ヶ月、彼にはそんな彼女ができただろうか? 今彼は、優しくて、そこそこ可愛い彼女と楽しく過ごしているのではないか。なんか、僕はそんな気がしてならない。

そうあってほしいと言うんじゃなくて、なんか、実際にそうなっているような気がしてならないのである。9ヶ月というのは、そろそろそういう成果が上がってくる時期である。

|

« 映画『空気人形』 | Main | 『元素生活』寄藤文平(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そろそろそういう時期:

« 映画『空気人形』 | Main | 『元素生活』寄藤文平(書評) »