« 映画の招待券/割引券(の不便)を考える | Main | 選挙 »

Saturday, August 29, 2009

映画『20世紀少年 ─最終章─ ぼくらの旗』

【8月29日特記】 映画『20世紀少年 ─最終章─ ぼくらの旗』を観てきた。もちろん今回も前夜のNTVでの『20世紀少年 ─第2章─ 最後の希望』の放送を見て復習してからこの日に臨んだ。

それで、僕は原作の漫画を最初から終わりまで読んだ上に、映画の第1章と第2章、それからTVで放送するに当たってそれらを少し変えたTV版の第1章と第2章を観ている訳で、自分の中でどこで読んだ(観た)話なのか少し混乱してきた部分もあり、今日もはじめのほうは少し戸惑いながら観ていた。

で、結論を先に書くと、今回の映画版は素晴らしかった。

原作の漫画のほうは誰しも「おい、そんな終わり方すんのかよ」みたいな感じが少し残ったのではないかと思うのだが、映画のほうは非常にきれいに整理されて、メリハリがついて解りやすく説得力のあるものに仕上がっている。

「原作とは違う」というのが今回の「売り」のひとつだったのだが、確かに変えてはあるが、決して原作から離れてとんでもない方向に飛んで行ったりはしていない。しかも、この変え方の分量が適切だから、原作を読んで来ている観客も飽きることなく、逆に白けることもなく、ぐいぐい引き込まれて観てしまう。

やっぱり原作が偉大であり、しかも、その原作者が自ら脚本を書いているということもある。実力のある監督が指揮を執っているということもある。原作そっくりにそろえた見事なキャストが、それぞれ素晴らしい演技をしているということもある。ともかく出来が良いのである。

それぞれの役者にちゃんと見せ場が用意してある(例えば常盤貴子なら柔道の技で投げ飛ばすシーンとか)ところも、映画作りとして立派だと思う。

今回はあまり細かく分析的なことは書かないが、ストーリーの運びも、画作りも、台詞回しも、CGや特撮も、全く文句なしの出来である。

ライブのシーンでは本当に感動したよ。この映画はある種、音楽映画だと言って良いのではないかな。カンナがケンヂおじちゃんに抱きつくシーンでは誇張でも何でもなく、万感胸に迫るものがあった。

そしてエンドロールの後のエピローグも良かった(スタッフロールが流れても照明が点くまで席を立たないよう、もぎりの兄ちゃんまでが注意喚起してた)。

唐沢寿明が扮する遠藤ケンヂを助ける北海道の猟師を演じていたのが遠藤賢司(エンケン)だと後で知って、これまた感慨深かった。高橋幸宏にベースを弾かせるなんて、なんて洒落た演出だろう、と思った。パンフに袋とじが含まれているのも粋だ。

それからそれから、ま、ストーリーに絡むことはネタバレになるのでここには書かないが、語れと言われればこれからまだ何時間でも語れそうな気がする。

もう1回原作を通して読みなおして、それからDVDが出たら全3章を通して観てみたい。

僕らの世代ということもあるのだろうが、それほどまでも愛着の強い映画になった。これからご覧になる方は是非とも原作の漫画と映画3本の全てを観てほしいと思う。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

Akira's VOICE
映画鑑賞★日記・・・

|

« 映画の招待券/割引券(の不便)を考える | Main | 選挙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/46064261

Listed below are links to weblogs that reference 映画『20世紀少年 ─最終章─ ぼくらの旗』:

» 「20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗」旗は翻らなかった、散々の出来 [soramove]
「20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗」★★★ 唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子主演 堤幸彦監督、155分、2009年                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「3部作の最終章、 延々と「トモダチ」とは誰なのか? 首より下や後ろ姿ばかりが何度も何度も そんなこと今、起こってることより大切なのかと そのどうでもいいことを冗長に語り 結局どうってことない場所に着地... [Read More]

Tracked on Monday, August 31, 2009 at 07:37

» 20世紀少年 -最終章- [Akira's VOICE]
友達と笑いあおう!!   [Read More]

Tracked on Wednesday, September 09, 2009 at 10:07

» 20世紀少年 ぼくらの旗 [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2009/08/29製作国:日本上映時間:155分鑑賞日:2009/08/29監督:堤幸彦出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨、藤木直人、石塚英彦、宮迫博之、佐々木蔵之介、佐野史郎、森山未來、古田新太、小池栄子、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳+あらすじ+&ldquo...... [Read More]

Tracked on Wednesday, September 09, 2009 at 11:43

» 20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 [yanajunのイラスト・まんが道]
『20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗』は、浦沢直樹さんの長編漫画「20世紀少年」と完結編である「21世紀少年」の2作を、邦画史上初の3部作で実写映画化したうちの最終章です。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [Read More]

Tracked on Thursday, September 17, 2009 at 23:57

« 映画の招待券/割引券(の不便)を考える | Main | 選挙 »