« 『六月の夜と昼のあわいに』恩田陸(書評) | Main | Windows Live ID にサインインできない »

Thursday, July 23, 2009

社内試写会『山形スクリーム』

【7月23日特記】 社内の試写会で映画『山形スクリーム』を観た。周囲の反応はあまり芳しくなかったのだが、ひとつ言えることは、これは失敗してこうなってしまったのではなく、徹底的にカルトな線を狙った結果こうなったということである。

山形の片田舎に「落ち武者の里」と謳う御釈ヶ部村がある。都立紅女子高の歴史研究会一行(女教師+女子高生×4)がその村を訪れている最中に、800年前に落ち武者狩りによって殺された侍頭が甦り、その怨みから村人を皆殺しにしようとする。そして、女子高生のうちのひとりはその侍頭の許嫁に生き映しであった。

──てな話で、シリアスなストーリーではなくコメディである。しかも、竹中直人監督が語るように「くっだらない」コメディである。竹中直人本人が甦った侍頭の家臣のうちのひとりと、健康志向集団「御釈ヶ部レッドバロン」のリーダーとの2役を演じている

ここにはやたらといろんなものが塗りこめられているのである。

まず、時代劇部分では大映の香りがする。そして、ゾンビとかバタリアンとかサム・ライミの『死霊のはらわた』シリーズとか、80年代に盛んに作られたスプラッタ・ホラー、コメディ・ホラーを十全に踏まえている。もちろん、こないだ亡くなったマイケル・ジャクソンの『スリラー』も思い出さずにはいられない。

『13日の金曜日』もあれば『キルビル』もあり、そうかと思えばティム・バートンの『マーズ・アタック』まで入り込んでいる。とても全ては読み取れない。パンフを読んで初めて、なるほど手塚治虫か、『ブレード・ランナー』だったのか、『パンズ・ラビリンス』にそんなシーンあったっけか、というようなことになる。

「御意」とか「セバスチャン」とか「ちんすこう!」とか、斬られたり刺されたりして「すっげー痛え!」とか、竹中直人的なギャグは満載である。

いつの間にか大物俳優になってしまった竹中直人ではなく「顔まね芸人」として頭角を現してきたころの竹中直人のギャグである。

脇がまたシブい! 生瀬勝久、温水洋一、岩松了、田中要次、六平直政、赤井英和、斉木しげる、石橋蓮司、デビット伊東、神戸浩、広田レオナ(生首最高!)、荻野目慶子、篠原ともえ──この辺は喜ぶ人しか喜ばないだろうが、女子高の先生は誰かと思えば『山のあなた 徳市の恋』の草彅くんの相手役だし、村の青年は EXILE のメンバーだ。

とんでもないチョイ役で三浦春馬が出てきたのにも驚いたし、そのシーンで殺虫剤を手にした落ち武者の竹中直人がエライ目に遭うところをフレームアウトした竹中の声だけで処理してる辺り、本当に巧いなあと思った。

で、主人公の成海璃子の継母である外人になって出てくるのがクリスタル・ケイであるところなんか究極の「出オチ」なんだけれど、僕は誰だか判らなかったので笑うことさえできなかった──そういうところが如何にもこの映画らしい。

落ち武者に青い液体を吹きかけられてゾンビになると、落ち武者らしく髪がドワッと伸びるのはまあ解るとして、なんで眉毛までブルック・シールズみたいに太くなるんだ?──そういうところがとてもおかしい。

この映画は中年にはちょっとしんどくて若い層には受けが良い、と解説している人がいたが、僕の感想としては、これだけいろんなものを踏まえたりなぞらえたりした作品となると若い人にはちょっともったいなくて、やっぱり中心ターゲットは僕らのような竹中直人世代か、あるいは熱狂的な竹中直人ファンだと思う。

いずれにしても、あまりのくだらなさなに真剣に評する気さえなくなってしまうような映画である。それは多分竹中監督の狙い通りではないのだろうか?

しかし、この映画は一般受けせんぞ(笑)、多分。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

ラムの大通り

|

« 『六月の夜と昼のあわいに』恩田陸(書評) | Main | Windows Live ID にサインインできない »

Comments

映画「山形スクリーム」(竹中直人監督)敏酒圭役 紗綾はこんな作品に出演しています。
「渋谷怪談 THEリアル都市伝説」(福谷修監督)千尋役
「神の左手 悪魔の右手」(金子修介監督)アユ役
「口裂け女」(白石晃士監督)中島志穂役
「少女霊 14歳の魂」(谷洋平監督)はな役
「地獄少女」(ドラマ版、日本テレビ)柴田つぐみ役
「漫画喫茶都市伝説 呪いのマンナさん」(BS-TBS
→映画「ヨムトシヌ DEATH COMIC」)佐々木曼奈役
「ムラサキカガミ」2010年春公開 三原光尋監督
↑いろんなもの連れて来てそう

Posted by: saaya_holic | Wednesday, February 24, 2010 at 21:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/45722404

Listed below are links to weblogs that reference 社内試写会『山形スクリーム』:

» 『山形スクリーム』舞台挨拶@シネ・リーブル池袋 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回のそんじょそこらの映画サイトより無駄に詳しい舞台挨拶レポートは、『山形スクリーム』舞台挨拶に登壇したのは、竹中直人監督、成海璃子、沢村一樹、AKIRA(EXILE)、マイコ。桐谷美玲、紗綾、波瑠は、この....... [Read More]

Tracked on Thursday, August 06, 2009 at 18:30

« 『六月の夜と昼のあわいに』恩田陸(書評) | Main | Windows Live ID にサインインできない »