« 映画『ウェディング・ベルを鳴らせ!』 | Main | 自動販売機前にて »

Monday, June 01, 2009

映画『ラスト・ブラッド』(2)

【6月1日追記】 直接この映画の評価には関係ないけど、ちょっと書き漏らしたこといくつか。

原作のアニメーション『BLOOD THE LAST VAMPIRE』で小夜の声を演じたのは工藤夕貴だった。全編英語の作品なので当然全ての台詞が英語なのだが、後から英語を学んだ日本人としては飛び抜けて良い発音と抑えの利いた台詞廻しが印象に残っている。

で、今回の映画には小夜ではなく敵役のオニゲンに小雪が扮しているのだが、こっちは紛れもなく「日本人のウジャウジャ英語」である。それでなおさら工藤夕貴を思い出してしまったというわけだ。

で、話は変わるのだが、日本語でナイーヴと言うと、ま、100%褒め言葉ではないにしても、細やかな神経を持っているという意味で、どちらかと言うと好感を表す言葉である。ところが英語の場合 naive という単語が良い意味で使われることはまずなくて、大体が「世間知らず」という意味である。

──というようなことを知識としては知っていたのだが、残念なことに今まで実例に触れる機会がなかった。それがこの映画に出てきたのである。

オニゲンが小夜に言う:

So naive!

だったか、

How naive!

だったか、ちゃんと憶えていないのだが、字幕は「愚か者め!」とかなんとかで、なるほど、結構きつい言葉なんだと実感した。

それにしても、あのオニゲンの着物がひらひらは一体何だったんだろうね?

|

« 映画『ウェディング・ベルを鳴らせ!』 | Main | 自動販売機前にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『ラスト・ブラッド』(2):

« 映画『ウェディング・ベルを鳴らせ!』 | Main | 自動販売機前にて »