« 映画『GOEMON』 | Main | 今日の BGM#26 »

Sunday, May 10, 2009

考察:議事録を書く

【5月10日特記】 マンションの管理組合の理事というのをやらされていたのだが、今日の総会が終わってほぼその役割も終了した。

僕が就いていた担務は「書記担当理事」である。志願したのではない。1年前に「理事長」「副理事長(兼自治会担当)」「会計」「書記」「防災担当」と記したあみだくじを5人で抽いた結果である。

考えてみたら、TV編成部にいた30代の頃は1日に5つも6つもの会議に出席して、しかもその全ての議事録を自分が担当していたりしたものだが、会社での地位も次第に上がって来て、近年では自分で議事録を書く機会がほとんどなくなっていた。

久しぶりに書きまくる機会が持てたのは、面倒くさいのも確かだが、悪くないものだ。

議事録であれエッセイであれ何であれ、文章を書くのは基本的に好きである。

議事録を書くと、それが文章である限りは文章を磨く機会になるのは当たり前だが、ものが議事録である場合は物事を整理してまとめる能力を養う機会にもなる。

今、会社の若い奴の書いた議事録を見ると、時々声を上げるほどびっくりしてしまうことがある。

決して間違いや嘘が書いてあるわけではない。確かにその会議ではそんな話も出た。しかし、それは議事の要点ではないはずだ──というようなことが、さも大事そうに書き留めてあったりするのである。

ふーん、そうか。君の心に響いたのはこのワン・ポイントだったのか。

と、びっくりする。

その通りのことを書いた本人に伝えると彼もまた「え、そうですか?」とびっくりしながら恥ずかしがっている。

でも、心配はいらない。こういうのは場数を踏むと次第に上手くなってくるのである。

暫く書いていなかった議事録なるものを久しぶりに(月1回ずつではあるが)1年間通して書き続けて、物事をまとめる能力が少し戻って来たような気がしている。

でも、まあ本日でお役目御免でほっとしているのも確かである。

|

« 映画『GOEMON』 | Main | 今日の BGM#26 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 考察:議事録を書く:

« 映画『GOEMON』 | Main | 今日の BGM#26 »