« 考察:議事録を書く | Main | 『猫を抱いて象と泳ぐ』小川洋子(書評) »

Monday, May 11, 2009

今日の BGM#26

【5月11日特記】 この記事を書くのは少し久しぶりである。これが何なのかということを再度説明するのは #30 とかの切りの良い時にでもやるとして、さて今日も2回分。

  1. 最后のダンスステップ(あがた森魚)
  2. ちいさな恋(天地真理)
  3. TIMEシャワーに射たれて(久保田利伸)
  4. 白いクリスマス(Jun Sky Walker(s))
  5. なんてったってアイドル(小泉今日子)
  6. Choo Choo Train(Zoo)
  7. プラネタリウム(大塚愛)
  8. LOVE IS BUBBLE(BONNY PINK)

1)はあがたと女優の緑魔子(みどり・まこ)とのデュエット。憶えてる?緑魔子って。しびれるぜ。

僕は3)を初めて聞いた時の衝撃をいまだに忘れない。なんだ?この日本人離れしたリズム感は、と仰天したのである。日本でのラップの先駆的な面もあった。

5)は昭和史に燦然と輝く名曲である。そして、小泉今日子の今日を決定づけた作品と言って良いと思う。秋元康あっぱれである。

7)は大塚愛、渾身の代表作だと思う。

8)は映画『嫌われ松子の一生』の挿入曲。あの映画は名曲の宝庫だったなあ。BUBBLE, TROUBLE, DOUBLE ときっちり韻を踏んでいるところも嬉しい。

|

« 考察:議事録を書く | Main | 『猫を抱いて象と泳ぐ』小川洋子(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/44972196

Listed below are links to weblogs that reference 今日の BGM#26:

« 考察:議事録を書く | Main | 『猫を抱いて象と泳ぐ』小川洋子(書評) »