« 開始:DMMコミック・レンタル | Main | "Where the Hell is Matt?"が VISA のCMに »

Sunday, April 19, 2009

映画『鴨川ホルモー』

【4月19日特記】 映画『鴨川ホルモー』を観てきた。原作を読んだ人なら解ると思うんだけど、あれが映画化されたとなるとちょっと見過ごせないよね。

原作を読んでるときから映画化を意識していた。って、読者が映画化を意識するなんて変な話ですが、でも、CGが発達した今の時代だからこそ映像化できるんだろうなと思ったし、表紙がアビーロードのパロディだった(映画の中にもちゃんとあった)こともあり、ともかく映像の浮かぶ小説だった。

映画化される上で一番意表を突かれたのは「凡ちゃん」こと楠木役の栗山千明。

読んでいた時の僕のイメージでは矢口真里とか辻希美とか加護亜依とかの「モー娘。」系、と言うか、「ミニモニ。」系だったのだが、それとはあまりにかけ離れていて、「これはひどい」とか「許せる範囲」とかじゃなくて、「はあ、そう来ましたか」という感じだった。確かに新しい解釈。

んで、主人公の安倍には山田孝之。『電車男』の頃ならいざ知らず、『クローズZERO』でバリ強いところを見たばかりなので、あの弱っちいイカ京をどう演じるのか、これもギャップがあった。

それに対して高村役には如何にも弱そうな濱田岳を持ってきた。でも、これも僕の思っていたのとは違う。もっとひょろっとした感じを想像していた。

それから早良京子には芦名星。うーむ、この鼻か? この鼻に惚れるか? 龍谷大キャプテン役の佐藤めぐみのほうが良かったんじゃない?

さらに、先輩の菅原には荒川良々と来たもんだ。僕の頭の中ではどっちかというと芦屋を演じた石田卓也のほうが近いんだけど・・・。

とまあ、個人的にはあまりしっくり来ないキャストだったのが、いざ見始めると別に何の違和感もなかった。山田孝之にしても濱田岳にしても相当巧い役者だしね。それに珍しく粗暴な男の役だった石田卓也がけっこう嵌ってたし。

場内で結構クスクス笑いが聞こえる。とりあえず映画化成功ですね。関係者が見ていたら嬉しかっただろうね。

ただ、途中で「前半の展開があまりにも遅いぞ。『代替わりの儀』までにこんなに時間を取っていたら、肝心のホルモーとその周辺を描く時間がなくなるぞ」と思っていたら、案の定、ちょっとそんな感じで映画は終わってしまった。

例によって、本読んでもすぐに忘れてしまうので、細部にどんなエピソードがあったのか、終わり方はどうだったのか、もう全然憶えていないのだが、しかし、原作はもうちょっと起伏に富んで広がりがあったよね。なんか、こんな薄っぺらい話じゃなかったよね?

双子とか「べろべろばあ」の店長とか、充分にキャラを描けないまま終わってしまった感じだったし・・・。

──その辺がちょっと残念かな。

一番肝心な式神のCGは GONZO がやっていて、これはなかなか良くできてました。

ただし、これまた僕のイメージとは違ってて、式神と言うとやっぱり最初に見た『帝都物語』に出てくるような「炎」状の半透明の存在を連想してしまう。

ま、ただ、これもキャスティング同様、僕が持っていたイメージとは違ったけれど、映画を見始めると別に違和感が湧くものではなかった。

そういう意味では役者もCGもとても良かったのだけれど、僕としては脚本の構成に少し難があったかなというのが正直な感想。

さて、ここまで読んでもらって、原作を知らない人にはよく解らないことだらけだと思うけど、この映画は原作を読んでから行った方が間違いなく楽しいのではないかと僕は思う。

あえて筋は書かなかったので、今から本屋に走るべし。

考えてみれば、あの原作からこの映画ができたことにはそれほど驚かないが、何もないところからあんな小説をでっちあげた万城目学って、とんでもない奴だなあと、この映画を見終わって改めて思った。


【おまけ】

全然関係ないけど、昨日の記事に書いた『20世紀少年』に出てくる万丈目胤舟はマンジョウメ、『鴨川ホルモー』の原作者・万城目学はマキメ。

映画『20世紀少年』で万丈目を演じていた石橋蓮司が『鴨川ホルモー』では「べろべろばあ」店長の安倍清を演じている。主人公とこの店長が同じ安倍姓であることは映画の中で触れられていなかった。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

soramove

|

« 開始:DMMコミック・レンタル | Main | "Where the Hell is Matt?"が VISA のCMに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/44721702

Listed below are links to weblogs that reference 映画『鴨川ホルモー』:

» 鴨川ホルモー [映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」]
鴨川ホルモー (2009)今回の映画は、「鴨川ホルモー」です。本作「鴨川ホルモー」は、“ホルモー”なる謎の競技に出会った京都大学の学生を描く青春コメディです。監督は「ゲゲゲの鬼太郎」「犬と私の10の約束」の本木克英。2浪して京都大学に入った安倍(山田孝之)... [Read More]

Tracked on Tuesday, April 21, 2009 at 16:26

« 開始:DMMコミック・レンタル | Main | "Where the Hell is Matt?"が VISA のCMに »