« IE8 とりあえず | Main | 随想:原作と映画(TV)化 »

Wednesday, March 25, 2009

WBC が終わっていよいよ「本番」が始まる

【3月25日特記】 WBC は1次ラウンド/2次ラウンド/決勝ラウンドを通じて大変な盛り上がりで、視聴率的にも連日驚くような数字が出た。そして、最後まで盛り上がっただけではなく、決勝戦にもちゃんと勝って優勝したので、これこそ文字通り「弥(いや)が上にも」盛り上がったと言える。

ま、一部では、最初から日本と韓国で5回戦やっとけば良かったのに、なんて冗談も飛んでたけど(笑)。

で、まあ、僕も旧世代に属する人間なのでご多分にもれず野球ファンで、とりわけプロ野球ファンで、だからまあ興味はないわけではなかったのだが、しかし僕の場合はそんなに必死になって見ていたわけではない。

ただ、TV局なんぞという所に勤めていると、社内のいたるところにTVがあって、しかもそれが全部ついている状態なので、勤務時間中に試合があると「否が応でも」見てしまうわけだ。

特に昨日の決勝戦なんぞは、一般の会社員は多分 WBC を観たいがためにTVが置いてある食堂等にお昼を食べに行ったのだろうけど、我々の場合は逆で、WBC を観たいがために誰も外に食事に行かなかったくらいだ。

で、それくらい盛り上がった大会を横目で見ながら、もちろん僕にも侍ジャパン(これは嫌らしいニックネームだと思うが)の優勝を熱狂的に祝福する気持ちもあるにはあるが、しかし、その一方で「やっと終わって良かった」という気持ちもはっきりしっかりあったのである。

それは何故か?

僕が一番好きなのは WBC のような国際大会ではなく、パ・リーグの公式戦なのである。そして、今、各地でオープン戦が行われているこの時期は、オープン戦での結果を見ながら今年のペナントレースを占うことができる、それこそ一番ワクワクする時期なのである。

なのに、連日の WBC のおかげでプロ野球オープン戦の記事が非常に小さいのである。一般紙のスポーツ欄では、イニングごとのスコアこそ書いてあるが、誰が何番を打ってどこを守って何打数何安打だったのかというメンバー表が割愛されてしまっているのである。

スコアだけ見たって誰が出場していたのかさっぱり分からない(勝ち負けのついた投手と本塁打を打った打者くらいのもんだ)。

  • 「ああ、この若手が出てきたか」
  • 「この選手は毎年春先だけ活躍するんだけど、今年はシーズン通してやれるかな?」
  • 「今年はなんか調子悪そうだけど、大丈夫かなあ?」
  • 「去年は鳴かず飛ばずに終わったけど、よーし、今年は調子が良さそうだ!」
  • 「これは知らない選手だ。誰だ? 新人か? それともトレードだっけ?」
  • 「あの選手はここんとこ出てないけど怪我でもしたか? その手の記事も丹念に追ってるつもりだけど、ひょっとして見落としてたかな?」
  • 「おっ、こんな選手、まだいたんだ!」

などとウキウキ/ヤキモキするのがこの時期の一番の愉しみ。──それが WBC の熱狂のおかげで記事にならず、ちょっとイライラしてたのである。

これで漸くペナントレースに集中できる。──そう思うと漸く胸も高鳴って来た。

|

« IE8 とりあえず | Main | 随想:原作と映画(TV)化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/44455580

Listed below are links to weblogs that reference WBC が終わっていよいよ「本番」が始まる:

« IE8 とりあえず | Main | 随想:原作と映画(TV)化 »