« KTV『トライアングル』(途中まで) | Main | 『それ自身のインクで書かれた街』スチュアート・ダイベック(書評) »

Tuesday, February 24, 2009

『おくりびと』のアカデミー賞受賞の報に接して

【2月24日特記】 このブログをよく読んでくれている知人から、「『おくりびと』のアカデミー外国語映画賞受賞に関して何か書いているかと思ったのに・・・」と言われた。

彼女が期待したのはどうやら少し悪意を含んだ、あるいは毒のある、あるいは棘のある文章だったようだ。

しかし、僕は決してあの映画に悪意など持っていない。ただ「おめでとう!良かったね」と祝福するのみである。

確かに、

『おくりびと』が1位に来るとは思いませんでした。確実にベストテンには入るだろうとは思ってましたけど・・・。キネ旬も随分ウェットになったもんだ、というのが正直な思い。

とか、

表現力という点では『歩いても 歩いても』と『ぐるりのこと。』が双璧だと思ったのだが・・・。まことに人の感受性は多様である。

とか書いているが、一方で、

(『おくりびと』を含む5作品がベストテンに選ばれるであろうことについては)まあ、皆さんあまり異論がないところではないかなと思うのだが・・・。

とも書いているし、もうこれ以上いちいち引かないが、この映画を観たときの記事でもかなり褒めているのも事実である。

単に相対的には『歩いても 歩いても』や『ぐるりのこと。』のほうが上だと感じたにすぎない。

あの時の記事にも書いたが、

多分こういう究極の"異文化もの"は海外受けするんだろうなあ

という思いは最初からしていた。

川端康成の『雪国』がノーベル文学賞を受賞したときに似ていると思う。

『雪国』がノーベル文学賞を受賞したからと言って、『雪国』が日本文学の頂点に立つ作品であるとは思わない。しかし、だからと言ってノーベル文学賞の値打ちは些かも下がるものではない。

『おくりびと』がアカデミー外国語映画賞を受賞したからと言って、『おくりびと』が2008年度の日本映画の頂点に立つ映画であることにはならない。しかし、だからと言ってそのことが今回のアカデミー賞受賞の価値を減ずることには全くならない。

価値とはそういう多面的なものであると思う。

さて、こんな記事で彼女は喜んでくれるのだろうか?

★完全な後付けではありますが、この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

Swing des Spoutniks

|

« KTV『トライアングル』(途中まで) | Main | 『それ自身のインクで書かれた街』スチュアート・ダイベック(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/44164758

Listed below are links to weblogs that reference 『おくりびと』のアカデミー賞受賞の報に接して:

« KTV『トライアングル』(途中まで) | Main | 『それ自身のインクで書かれた街』スチュアート・ダイベック(書評) »