« 『愛と日本語の惑乱』清水義範(書評) | Main | 映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』 »

Friday, December 05, 2008

お金を借りる構造、非難を浴びる構造

【12月5日特記】 阪急電車のドア横に消費者金融の広告があった。曰く、

意外でした。10万円借りても1ヶ月後に返したら、利息は1500円で足りました。

Acomそれは確かにそうだ。

年利18%だとしたら、10万円を1ヶ月借りた時の利息は1500円だ。18%と言われると随分と高利であると感じるが、1500円と言われれば意外に安いと思うのもまた事実。

では、僕は借りるだろうか?

──いや、借りない。何故か?

僕なら銀行に行って10万円下ろす。銀行には10万円くらいの貯金はあるし、それを下ろして使えば利息は一銭も払う必要がないのだから。

しかし、銀行預金が10万円もない、あるいは預金はあるけど、何らかの理由でそれを下ろす訳には行かないとしたら?

──次の給料日まで待つ。給料日になれば10万円以上のお金が入ってくる。10万円も使ってしまうと来月は苦しくなるかもしれないが、節約に心掛ければ今すぐどうかなってしまうというほどでもないから。

いや、そもそも無職なので来月になっても収入はない、あるいは給料日まで待っても10万円を大きく上回るような収入はない、あるいは収入はあるけど既に借金の返済に追われているのでまずそれを支払う必要があり、従ってさらに10万円もの余裕はないとしたら?

──何に10万円使おうとしていたのか知らないが、僕なら使うのをあきらめる。何だか知らんが辛抱することにする。

それが何らかの事情であきらめられないとしたら?

──それはつまり自分の意志では払わずに済ませられないということであり、じゃあ、そういう状況って何なのかと言えば、つまり借金があって返済を迫られているということに他ならない。

こうやって色々と場合分けして考えて行くと、結局この「意外に利息の安い」借金に手を染めるのは、大ざっぱに行ってしまうと、それを返す当てのない人なのである。

僕は別に消費者金融に恨みはない。賢く健全に利用している人だって、きっといるんだろうな、くらいには思っている。でも、自分とはなんか縁遠いもんだという意識があった。

この広告を見て改めてロジカルに考えてみると、僕が縁遠いのは借りる必要がないからで、借りなければならない人は返す当てのない人だという構造が浮かび上がってきた(「健全に利用している人」は多分「借りなければならない人」とは違うはずだ)。

この構造がある限り、消費者金融業者はきっとどこかで非難を浴びることになるのだろう。非難を浴びるのは消費者金融業者が極悪非道だからではない。こういう構造を如何ともし難いからである。

ちょっと哀しい構造である。

|

« 『愛と日本語の惑乱』清水義範(書評) | Main | 映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/43331408

Listed below are links to weblogs that reference お金を借りる構造、非難を浴びる構造:

» 【想】 日々是勉強 (あるいは、大好きなblogを紹介せずにいられないという話) [Passo a Passo]
『パコと魔法の絵本』の映画評を拝見して以来、yama_eigh様のブログ 「trivialities & realities」 を度々お伺いさせていただいております。 で、その どの記事にも感動してしまう拙。 先に述べた「“伝える”というコト」もそうですし、知識の豊富さも、記事の素材のバリエーションも、視点のユニークさも。 読むたびに、楽しくなり、溜め息が漏れ、心が熱くなります。... [Read More]

Tracked on Sunday, December 14, 2008 at 20:13

« 『愛と日本語の惑乱』清水義範(書評) | Main | 映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』 »