« 映画『コドモのコドモ』 | Main | ただ残念 »

Monday, November 03, 2008

コメント/トラックバックを考える(その8?)

【11月3日特記】 このテーマではもう何度も書いているのだけれど、時々また書きたくなるような現象に出遭うのである。

例えば、あからさまに悪意のあるコメントが付いた場合はどうするか?

実際にそういうことがあって、少し悩んだことがある。誰の目にも触れないうちにこれを削除してしまうのはあまりにもフェアじゃないのではないかな、と。

しかし、どこか公の掲示板にでも投稿されたのであればそれに応じて正々堂々と反論もするが(いや、もちろん無視するという選択肢もアリなのだが)、ここは僕のブログである。僕の所有地の中なのである。だったら削除して何の問題もない、と思い直して削除したのであった。

極端なことを言えば、僕の所有地の中であるということを考えるならば、他人から見てどんな理不尽な理由で削除しても、どんな偏った選り好みで排除しても問題はないということである。

ただ、僕としては、それとは別に一応何等かの基準を持っておきたいという気持ちはある。前にも書いたが、それが(トラックバックの場合)記事本文との連関が深いかどうかという判断基準である。

僕の記事からTBしたのがどんなブログであれ、僕が書いた記事本文との連関が深ければTBは公開する。例えば文中の1語にひっかけただけみたいな、連関の浅い(と言うか、ほとんどない)TBについては公開前に削除してしまうという方針である。

昨今は自動的に検索してTBするプログラムがかなり普及しているようで、そういう連関の浅いTBトライアルが非常に多い。

昨日も『コドモのコドモ』の映画評を書いたら「妊娠の仕組み」というブログ(記事)からTBが付いた(アフィリエイト狙いなんだろうか?中身はとても無内容だった)。

これは即削除である。あまりにも遠い。もしも「超若年者の妊娠と出産」みたいな記事だったら、そのままTBを公開したかもしれない。

そして、もうひとつ。同じ映画評の記事に「アロハシャツについて」というTBがついた。

なんじゃ、それ? しばし意味が解らず立ち尽くしてしまった。一体どのフレーズをひっかけたんだろうか?

で、もう一度上から下まで記事を読みなおして、なるほどと納得。

記事の最後に、僕がこの記事をアロハ坊主さんのブログ「アロハ坊主の日がな一日」からTBさせてもらったというお断りの、その「アロハ」という単語から引っ張ってきたのである。これには少し驚いた(が、TB自体はもちろん削除である)。

しかし、僕はアロハさんのところから山ほどTBさせてもらってるのに、どうしてこの記事だけにそういうTBが付いたのだろう? 最近始めたブログなんだろうか?

などと考えていて、ふと気づいた。

本家アロハさんトコの「アロハ坊主の日がな一日」には全ての記事にこのTBが付いてきてるんだろうか? それを想像したら、なんか気の毒に思う一方で笑いがこみ上げてきた。

そんなことになってませんよね、アロハさん?

|

« 映画『コドモのコドモ』 | Main | ただ残念 »

Comments

どーもです。(* ̄ー ̄*)
オイラは大丈夫ですよ。

なーんか、ご迷惑をかけちゃたみたいですね。
意外とアロハは検索はされますが、
TBはつかないですよね。

ちなみに、最近検索で多いのは
「アロハ」よりも「坊主 ライン」なんですよー。
って、こんなことを書いたら、またTBされるかもしれません。
その時は、ご勘弁ください。

また、お邪魔しまーす。


Posted by: アロハ坊主 | Wednesday, November 05, 2008 at 19:09

> アロハ坊主さん

わざわざ書き込みありがとうございました。はあ、アロハよりも坊主でしたか。しかし、考えてみたらなんとも強烈な組合せの名前ですよね(笑)
ところで、このアロハさんのコメントがちょうど300件目のコメントでした。

Posted by: yama_eigh | Thursday, November 06, 2008 at 22:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/42997652

Listed below are links to weblogs that reference コメント/トラックバックを考える(その8?):

« 映画『コドモのコドモ』 | Main | ただ残念 »