« WOWOWプレミア『ロスト・ルーム』 | Main | 検証:大阪弁(映画『ホームレス中学生』その2) »

Saturday, November 08, 2008

映画『ホームレス中学生』

【11月8日特記】 映画『ホームレス中学生』を観てきた。

誰のブログであったのか憶えていないのだが、よく読ませてもらうブログの映画評を読んでいたら、「監督で映画を選ぶなんてめったにしないことだ」という記述にぶつかって、そんな人もいるのかと大いに驚いた。

僕は監督で選ぶのが基本だ。

もちろん好きな監督の作品しか見ない訳ではない(そんなことしていたら新人監督の作品を見ることができない)。気に入った監督の次回作は必ず見るというものではない(そんなことしてたら見なければならない映画の数がどんどん増えて行く)。ただ、大抵は「あの監督の作品なら見てみよう」というのが直接の動機である。

この映画を観たのも古厩智之監督であったからだ。『さよならみどりちゃん』、『奈緒子』と、ここのところ3本続けて観ている。

ただ、あまりに単純な設定なので2時間を構成するのは少し難しいかも、と思ったのだが、その予想はほぼ当たってしまった。

途中ちょっと飽きてくる。話に伏線がなさすぎるからだ。でも、やはり監督の才気というものはあちこちに感じられる。

裕(小池徹平)の母(古手川祐子)の死期が迫ったとき、裕の肩越しに捉えられる病院の暗い踊り場で立ち尽くす父(イッセー尾形)の姿──あの画はすごかった。

ホームレスになった兄姉弟3人が久しぶりに裕の親友・よしや(柄本時生)の家で夕食を御馳走になったとき、画は嬉しくて泣いている姉・幸子(池脇千鶴)をワンショットで抜いたままにしておきながら、背後でよしやの両親(宇崎竜童・田中裕子)と兄・研一(西野亮廣)の会話(「当り前だのクラッカーって何ですか」「てなもんやや」「餡掛けの時次郎や」)を流している──あれは幸子の心を中心とした描写で、とんでもないリアリティがあった。

でも、トータルとしては少し物足りない。映画館で隣に座ったおばさんは泣いてたけど。

小池・西野・池脇・田中裕子のほかにもいしだあゆみ・黒谷友香・徳永えりという、大阪弁を淀みなく話せる関西出身の役者を揃え、柄本時生・徳永えりという若手ながら実力のある役者に加えて紅萬子・笑福亭松之助・キダタローという関西ではお馴染みのタレントが脇を固め、後藤法子と古厩の共同脚本も単調なストーリーに精一杯の味付けを利かせており、まあ、悪い映画ではなかった。

終盤自転車で走る辺りは計算通りの盛り上がりに持ってきてるし、フラッシュバックの回想シーンの重ね方なんて本当にテクニックを感じさせてくれた。

でも、何よりも、尾形イッセーと池脇千鶴の、もう他の役者とは桁違いの巧さが一番印象に残る映画だった。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

soramove
アロハ坊主の日がな一日

|

« WOWOWプレミア『ロスト・ルーム』 | Main | 検証:大阪弁(映画『ホームレス中学生』その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/43051609

Listed below are links to weblogs that reference 映画『ホームレス中学生』:

» ホームレス中学生 [背面飛行がとまらない]
 4歳から7歳の3人のちびっ子と映画を楽しむことが増え、フォーラムのスタンプでゲ [Read More]

Tracked on Sunday, November 09, 2008 at 12:34

» ホームレス中学生 [欧風]
土曜は、イオン下田で映画を観てきました~。 1本目に観たのは、「ホームレス中学生」。 お笑いの麒麟の田村の本で有名ですね~。本は読みました。あと金スマでスペシャルをやったのを観て泣いたな~。あとこ... [Read More]

Tracked on Saturday, December 06, 2008 at 08:22

» 映画「ホームレス中学生」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
もしかしたらこれ今年一番泣けたといえるかも、NHKの解体新ショーへの出演やお笑いコンビ麒麟のイメージではなくて、~映画作品自体として感動がある~ 住む家があること、毎日食べるものがあること、毎日でも入ろうと思えば入れる風呂があること、そしてかけがいのな... [Read More]

Tracked on Saturday, December 06, 2008 at 10:44

» 映画[ ホームレス中学生 ]これにて、解散 [アロハ坊主の日がな一日]
映画[ ホームレス中学生 ]を新宿歌舞伎町で鑑賞。 ご存じ麒麟、田村裕のベストセラー小説の映画化。 彼をTVで観ると、いつも気になるアトピー肌。かなりステロイドにやられている。寝不足、不規則、野菜不足な芸人生活は、アトピーに一番よろしくない。印税が入っても、身体を壊したら意味ないのに。 それはさておき、なんとなーく観る前から中身のわかるお話で、文芸の香りが全くしないこの作品を、ほとんどの人は、目もくれない。もったいないことを・・・。一言言わせてもらうと、映画の面白さは、原作ではなく監督... [Read More]

Tracked on Sunday, December 07, 2008 at 10:56

« WOWOWプレミア『ロスト・ルーム』 | Main | 検証:大阪弁(映画『ホームレス中学生』その2) »